FITS エコノミックレポート

白金標準先物の中期トレンドは上放れ!

2020/12/04/14:08:35

 

★白金標準先物の中期トレンドを示す週足では、1月17日週高値3,679円を起点として2月21日週高値3,617円を結んだトレンドライン(R1)と、3月20日週安値1,843円を起点として11月6日週2,829円を結んだトレンドライン(S1)で三角持ち合いの様相となっていた。その、三角持ち合いのR1を上抜け、さらに200週SMA(紫線)を上抜けたことで、強い相場展開となっている。

ストキャスティクス・スロー(パラメータ:14、5、3、20、80)は、低水準から%DがSlow%Dを上抜け両線ともかい離幅を広げながら上向きになっていることで、強い上昇基調が継続している。

13週SMA(赤線)26週SMA(青線)も上向きになったばかりであるため、今後の上昇が期待できる。

上値目処では、心理的節目になる3,500円や1月17日高値3,679円になる。

レンジ上限を上抜けしたばかりなので、しばらくは上値追いの動きになりやすい。

カテゴリー: ホットニュース

ドル/円相場は重要ポイントでの攻防!

2020/12/04/12:04:20

 

★ドル/円の日足で、6月5日高値109.85円を起点として11月11日高値105.67円を結んだトレンドライン(R1)と7月1日高値108.16円を起点として8月28日高値を結んだトレンドライン(R2)がレジスタンスとして意識される。また、7月31日安値104.14円を起点として9月21日安値103.94円を結んだトレンドライン(S1)はサポートとして意識される。

このR1・R2とS1では、三角持ち合いの様相となっており、R1とS1の交差は1月下旬でR2とS1の交差は2月上旬となる。

そのため、遅くても2月上旬までには三角持ち合いの上下を放れる可能性が高い。

現在、S1の下限まで円高が進行しておりサポートするか、それとも下抜けするのかの攻防となっており、重要ポイントにある。

カテゴリー: ホットニュース

NY金の投機筋ポジションは方向感欠く展開!

2020/12/04/11:19:05

 

★NY金の年初来CFTC投機ネットの動向では、2月18日付353,649枚のロングポジションがピークとなり6月9日の208,613枚まで減少する中、NY金価格は上昇基調となった。この時は、新型コロナウイルスの感染拡大から、投機筋ポジション手仕舞いによる売り戻しに対して、実需による金買いが強まったことによる値動きとなった。

6月9日がボトムとなり、その後は買い戻し加速して6月30日には266,670枚までロングポジションが膨らんだ。しかし、7月21日から再び投機筋のポジション解消による売りが強まったが、金価格は急加速する展開となった。

しかし、NY金価格は8月6日高値2,069.4ドルがピークとなりその後は上値を切り下げ・下値を切り下げる下落基調となっている。

10月に入ると投機筋のロングポジションは、概ね24万枚-25万枚の間で動いている。10月以降は短期的な売買になっている可能性がある。

そのため、その時々のニュースで動きやすい地合いとなっていると思われる。

NY金と金標準先物の動きを重ねてみると、ほとんど同様の動きとなっていることから、投機筋のポジション動向やNY金の動向を注視する必要がある。

カテゴリー: ホットニュース

イールドスプレッドで12月4日の米国株市場を先取り!

2020/12/04/09:07:39

 

★NY株式市場では、NYダウとNASDAQは小幅上昇したものの、S&P500は小反落する展開となった。週次新規失業保険申請件数が前回から予想以上に減少したことを好感し寄り付き後上昇した。新型コロナワクチンの普及や米経済対策協議の進展期待を背景に、投資家のリスク選好意欲が高まり買いが先行した。NYダウは一時220ドル超上昇し、3万ドルの大台に乗せる場面があった。ただ、『米製薬大手ファイザーは2020年のワクチン出荷目標を半減』との報道が伝わると、急速に伸び悩んだ。一方米長期金利は、明日の11月米雇用統計を前に持ち高調整目的の買いが入ったほか、『米製薬大手ファイザーは2020年のワクチン出荷目標を半減』との報道を手掛かりに債券買い(利回りは低下)が進んだ。今後も米長期金利の動向には注意が必要となる。イールドスプレッドからは、以前と比べて三指数ともかなり割高感が出ており、リスク回避の材料が出ると引き続き下落しやすい。

 

感染拡大が縮小することや新型コロナウイルスのワクチン・治療薬が開発されるなど、終息の方向が出るまでは不安定な市場が続きやすい。また、新型コロナウイルス感染『第3波』が懸念されている。しかし、追加経済対策期待や経済活動再開で先行きの景気回復の期待感が株価を押し上げている。そのため、期待感が薄れるような事態となると、再び下値模索の動きとなりやすい。VIX指数は21.17から21.28へ上昇した。VIX指数が21台前半まで低下していることから、一時的なリスク回避の動きは後退してきた。しかし、株価の日中ボラティリティが高まっていることで、引き続き不安定な動きが続く。また、S&P500が上昇したにも関わらず、VIX指数が上昇した翌営業日は弱含みの展開になりやすいので注意が必要となる。

 

NYダウの割高の目安は3.00%近辺、S&P500は3.00%割れ、ナスダックは1.5%以下が昨年からの割高の目安となっている。一方で割安の目安では、イールドスプレッドがNYダウ:4.0%台、S&P500:3.8%~4.0%台、NASDAQ:2.3%~2.5%台で割安感からの反発となりやすい。割安感となるイールドスプレッドを大幅に上回っていることから、相場が落ち着くと戻りも大きくなりやすい。

 

★米国市場のイールドスプレッドは、米国債金利と米国株益利回りを比較する指標である。株式市場は国債市場よりリスクが高いことから、株式市場に割高感が生じ国債市場に割安感が生じれば、投機筋は株式を売って国債を買う。また、国債市場に割高感が生じ株式市場に割安感が生じれば、国債を売却して株式を買うことになる。

そのため、株式市場の天底を探るひとつの参考指標となる。

 

米10年国債金利とNYダウ:2011/4/21以降の平均▲3.320%

・直近イールドスプレッド縮小:18/12/3-▲3.069%、19/4/25-▲3.048%

                20/09/1‐▲2.867%、20/10/12-▲2.847%

(NYダウが割高・米国10年債割安の状態)

・直近イールドスプレッド拡大:19/1/3-▲4.226%、19/8/5-▲4.102%、

               20/2/28-▲4.541%、20/3/23-6.017%

(NYダウが割安・米国10年債割高の状態)

・12月2日:▲2.954%⇒12月3日:予想▲2.969%(前日比で拡大:割安)

 

12月3日のNYダウが小幅続伸した一方で、米長期金利が低下したことでイールドスプレッドは前日比で拡大(米国10年債金利に対して米国株は割安)した。平均値の▲3.320%から▲0.351%と平均値より下方かい離したことで割高になった。19年1月3日の大底▲4.226%から▲1.257%下回った。19年8月5日の大底▲4.102%を▲1.133%下回った。20年2月28日の大底▲4.541%から▲1.572%下回った。20年3月23日の6.017%から▲3.048%下回った。週次新規失業保険申請件数が前回から予想以上に減少したことを好感し寄り付き後上昇した。また、民主党のペロシ下院議長と共和党のマコーネル上院院内総務が追加経済対策を巡り交渉を再開したとの報道を好感した買いも強まり、上げ幅を拡大した。引けにかけて、製薬会社のファイザー(PFE)がワクチンの調達に関する問題で年内の供給目標を引き下げたとの報道が嫌気され上げ幅を縮小した。

 

米10年国債金利とS&P500:11/4/21以降の平均▲2.775%

・直近イールドスプレッド縮小:18/12/3-▲2.731%、19/04/25-▲2.966%

               20/08/27-▲2.677%、20/10/12-▲2.664%

・直近イールドスプレッド拡大:19/1/3-▲3.869%、19/8/5-▲4.002%、

                19/8/15-▲4.179%、20/2/28-4.499%

               20/3/23-▲6.222%

・12月2日:▲2.681%⇒12月3日予想▲2.710%(前日比で拡大:割安)

 

S&P500が小幅反落したうえ、米長期金利も低下したことでイールドスプレッドは前日比で拡大(米国10年債金利に対して米国株は割安)した。平均値の▲2.775%から▲0.065%と平均値より下方かい離したことで割安になった。また、19年1月3日の大底となった▲3.869%を▲1.159%下回った。また、19年8月5日の大底となった▲4.002%を▲1.292%下回った。19年8月15日の▲4.179%を▲1.469%下回った。20年2月28日の大底▲4.499%から▲1.789%下回った。20年3月23日の6.222%から▲3.512%下回った。

 

米10年国債金利とNASDAQ:11/4/21以降の平均▲1.804%

・直近イールドスプレッド縮小:18/12/3-▲1.198%、19/4/25-1.468%

              20/10/12-▲1.450%、20/10/22-1.438%

・直近イールドスプレッド拡大:19/1/3-▲2.179%、19/8/15-▲2.383%、

              19/8/15-▲2.498%、 20/3/16-▲4.094%

・12月2日:▲1.404%⇒12月3日予想▲1.424%(前日比で拡大:割安)

 

NASDAQは小幅反発した一方で、米長期金利が低下したことでイールドスプレッドは前日比で拡大(米国10年債金利に対して米国株は割安)した。平均値の▲1.804%から▲0.380%平均値より下方かい離したことで割高になった。また、19年1月3日の大底となった▲2.179%に対しては▲0.755%下回った。19年8月5日の大底となった▲2.383%に対して▲0.959%下回った。19年8月15日の大底となった▲2.498%に対して▲1.074%下回った。20年2月28日の大底2.803%から▲1.379%下回った。20年3月16日の▲4.094%から▲2.670%下回った。

 

NASDAQのイールドスプレッドは、米長期金利が低下した一方で、株価は小幅反発したものの拡大した。イールドスプレッドは以前より半分以下まで縮小しているため、引き続き割高感から利益確定売りが出やすい地合いとなっている。NASDAQのイールドスプレッドは、▲1.4%台前半まで低下して推移している。そのため、割高感が続いていることから、ネガティブなニュースが出ると引き続き下落しやすい地合いが続いている。また、2%台まで拡大するまでは割安とは言えない。

 

※PERの発表が時間的に遅行することから、前営業日の数値を使って当日終了時の予想を算定している。

 

毎日イールドスプレッドを掲載していますので、米国株式市場の買われ過ぎ・売られ過ぎなど過熱感の目安としてください。

カテゴリー: ホットニュース

金標準先物60分足では雲上限がサポート!

2020/12/04/08:19:43

 

★11月28日以降の金標準先物の60分足では、24時間SMA(緑線)を下抜けしたものの、雲の上限がサポートとなり戻り基調となっている。雲の上限が緩やかに上昇基調となっていることから、緩やかな戻り基調が継続する可能性がある。

 

NY金先物市場は1826.70-1847.40ドルのレンジ相場となった。米追加経済対策への期待感や為替市場でドル安・ユーロ高が一段と進んだことを背景に金は買いが継続した。また、米長期金利は伸び悩んでいることから、ニューヨーク市場の序盤にかけて1847.40ドルまで買われた。ただ、その後は米国株式の反発を意識して金先物の上昇はやや一服した。

 

価格帯別出来高では、6,050円前後の出来高の多い価格帯近辺でもみ合う展開となっている。一度大きな含み損を抱えた買い方からの『やれやれ売り』も出やすく、上昇も緩やかな展開となっている。

 

MACD(パラメータ:12、26、9)は、ゼロラインがサポートして意識され下げ止まる展開となった。ただ、横ばいとなっていることから、トレンドレスの状態となっている。一方、ストキャスティクス・スロー(パラメータ:14、3、3、20、80)では、%DとSlow%Dの両線は上向きとなっており、戻り基調が継続している。MACDが上向きになるかが焦点となる。

 

金標準先物の日足では、200日SMAの6,135円を挟んでの動きとなっているが、下値では横ばいになった10日SMAがサポートとして意識されている。200日SMAを明確に上抜けすると、戻り基調が強まる可能性がある。上値では、10月30日のネックライン6,245円や25日SMA6,253円が戻り目処として意識される。NY金先物市場では、ドル安と米長期金利の上昇一服が買い材料となっている。今後も両市場の動向が、金価格を左右しやすい。為替市場では、ドルの先安観が根強くあり、全般的に弱含みの展開が継続しそうである。そのため、金標準先物の上値を抑える要因となる。

本日の注目点では、200日SMAを明確に上抜け出来るかにある。明確に上抜け出来ると上向きの5日SMAが10日SMAや200日SMAとゴールデンクロスする展開となり、買い方への支援材料となる。

カテゴリー: ホットニュース

カテゴリー

カレンダー

12月 2020
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ページの先頭へ