商品先物取引を電子取引で行うにあたっての留意点

 

 

大阪取引所及び東京商品取引所の商品先物取引を電子取引で行うにあたっての留意点

大阪取引所及び東京商品取引所の商品先物取引を電子取引で行うにあたって以下の留意点がございます。
(2020年8月11日夜間立会開始時点)

リスクについて

大阪取引所及び東京商品取引所の商品先物取引(以下「商品先物取引」という。)は証拠金による取引であり、元本及び利益が保証されるものではありません。通常取引の場合、投下資金の数十倍以上の額の取引を行うものであるため、相場等の変動、海外情勢や相場等の指標の変動により投下資金以上の損失が生じることがあります。

レバレッジについて

商品先物取引は証拠金取引であるため、取引の額は商品により異なります。大阪取引所上場銘柄の通常取引では、当社必要証拠金額の約6~約28倍(先限ベース)、東京商品取引所上場銘柄の通常取引では当社必要証拠金額の約3~約10倍(先限ベース)にもなります。

取引証拠金について

最初に預託する証拠金の額は取引方法・商品により異なります。最低取引単位(1枚)当り、大阪取引所上場銘柄の通常取引では最高524,500円、最低24,000円、東京商品取引所上場銘柄の通常取引では最高469,000円、最低254,500円になります。ただし、通常取引については、その後の相場の変動によって追加の預託が必要になることがありますので注意が必要です。またその額は、商品や相場の変動によって異なり一様ではありません。各商品の証拠金については証拠金一覧をご覧下さい。

ロスカットについて

当社ではロスカット制度を導入しています。お客様の取引口座の証拠金状況を3分間隔でモニタリングし、取引口座の受入証拠金総額が必要証拠金額に対して当社が別に定める基準以下になった場合、ロスカットが発動し、その時点で保有する全ての建玉は自動的に決済注文が発注されます。また、その際に、発注中の注文は全て取消しが行われます。 ロスカット発動によりお客様が預託された証拠金を上回る損失が生じる可能性があります。

手数料について

商品先物取引の委託には委託手数料が掛かります。インターネット取引スタンダードコースにおける委託手数料は、最低取引単位(1枚)当り最高額が824円(往復、税込)、最低額が限日取引(ゴールドスポット・プラチナスポット)及びミニ取引で384円(往復、税込)です。 ※不足金対応や建玉期限などにより当社において建玉を決済した場合、別途強制決済手数料1枚当り1,650円(税込)を加算した2,474円(税込)が通常取引の手数料最高額となります。

インターネットおよびシステムのご利用について

取引に関するシステム、又はお客様、当社、取引所の間を結ぶ通信回線等に障害が発生した場合等には、相場情報等の配信、注文発注・執行(成立)・訂正・取消し等が遅延したり、不可能になることがあり、その結果、不測の損失を被る可能性があります。

商号等:株式会社フジトミ
〒103-0014東京都中央区日本橋蛎殻町一丁目15番5号
東証JASDAQ上場証券コード:8740
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1614号
商品先物取引業者 農林水産省指令28食産第3988号
             経済産業省20161108商第10号
加入協会:日本証券業協会 日本商品先物取引協会 一般社団法人金融先物取引業協会 

本  社:〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町一丁目15番5号
      TEL 03-4589-5500(大代表) FAX 03-4589-5501
大阪支店:〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場三丁目4番26号
      TEL 06-6241-9511(代表)  FAX 06-6241-9512
顧客相談室(本社)
〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町一丁目15番5号
TEL:0120-358-066
メールでのお問い合わせはこちら
日本商品先物取引協会相談センター
TEL:03-3664-6243
Webサイト:https://www.nisshokyo.or.jp/
証券・金融商品あっせん相談センター(FINMAC)
TEL:0120-64-5005
Webサイト:https://www.finmac.or.jp/
情報開示について
日本商品先物取引協会のホームページhttp://www.nisshokyo.or.jp/ 、または、当社の本・支店にてご覧いただけます。
口座開設 ログイン

企業情報

LINE@始めました FITSオリジナル 小次郎講師レポート掲載 商品先物取引の需給データ集 NSN情報 market NEWS(動画) エコノミックレポート コラム リモートオペレータ
メールでのお問い合わせ