FITS エコノミックレポート

イールドスプレッドで12月17日の米国株市場を先取り!

2018/12/17/03:03:52

 

12月14日(金)の米国3市場は、NYダウ:496.87安の24,100.51ドル、S&P500:50.59ポイント安の2,599.95ポイント、NASDAQ:159.67ポイント安の6910.66と、3指数とも全面安となった。また、米長期金利は前日比低下し2.895%となった。『13日付けPERと株価から逆算』して14日付け予想PER計算すると、NYダウ:15.60倍、S&P500:16.31倍、NASDAQ:22.29倍と3指数とも大幅下落したことや米長期金利が低下したこともあり、予想PERは大幅に低下した。このPERを基に14日付けのイールドスプレッドを算出すると、NYダウ:▲3.498%、S&P500:▲3.217%、NASDAQ:▲1.572%と大幅にイールドスプレッドは拡大(米国10年債金利に対して米国株は割安)となった。

 

NYダウの年初来底値時のイールドスプレッドを参考にする。4月2日に付けた年初来安値時のNYダウ:▲3.579%、S&P500:▲3.145%、NASDAQ:▲1.640%や、2月9日の反転時となったNYダウ:▲3.300%、S&P500:▲2.756%、NASDAQ:▲1.313%である。

 

14日(金)のNYダウの予想イールドスプレッドは▲3.498%となったことで、4月2日のイールドスプレッドには届かないものの、2月9日のイールドスプレッドを上回ってきたことで、割安感は出てきている。S&P500の予想イールドスプレッドは▲3.217%となったことで、4月2日及び2月9日のイールドスプレッドを上回っていることから、割安感が出ている。NASDAQの予想イールドスプレッドは、▲1.572%となったことで、4月2日のイールドスプレッドは下回っているものの、2月9日のイールドスプレッドを上回ってきたことで割安感が出始めている。

 

年初来の安値圏に下落した際のイールドスプレッド近辺までスプレッドが拡大してきたことで米国10年債金利に対して株価が割安となってきている。

 

毎日イールドスプレッドを掲載していきますので、米国株式市場の買われ過ぎ・売られ過ぎなど過熱感の目安としてください。

カテゴリー: ホットニュース

保護中: 東京金60分足では240時間SMAがサポートとして意識!

2018/12/17/03:02:56

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

カテゴリー: ホットニュース

朝の市場コメント!

2018/12/17/03:01:10

米国株式市場は下落:世界的な景気減速を懸念した売り優勢

NYダウは496.87ドル安の24100.51、ナスダックは159.67ポイント安の6910.67で取引を終了した。中国や欧州の経済指標が弱い内容となったことで、世界的な景気減速を懸念した売りが優勢となり、一時560ドル超下落した。また、原油安や米長期金利が低下したことも嫌気された。ヘルスケアの複合企業であるジョンソン・エンド・ジョンソンは『ベビーパウダーにアスベストが含まれていた』ことを数十年間把握していた』との一部報道が嫌気されて12%超下げる場面があった。アナリストにiPhone出荷予想を引き下げられたアップルも軟調となった。NYダウは5月3日以来約7ヵ月ぶりの安値となった。VIX指数は20.65から21.63へ上昇した。

 

NY外国為替市場:リスク回避のドル買い・円買い

ユーロ/ドルは、欧州時間に発表された12月のユーロ圏製造業・サービス部門PMI速報値が悪化し、予想を下回ったことで景気減速を警戒したユーロ売りが優勢となった。米商務省が発表した11月米小売売上高は市場の予想通りとなったが、前月の数値が上方修正されたことが分かると若干ドル買いで反応し、一時1.1270ドルと11月28日以来の安値を付けた。ただ、同日安値1.1267ドルがサポートとして意識されると下げ渋る展開になった。米長期金利の低下に伴うユーロ買い・ドル売りも入り1.13ドル台前半まで下値を切り上げた。ドル/円は、ユーロやポンドに対してドル高が進んだ影響を受けて、一時113.67円と日通し高値を付けたものの、前日の高値113.71円が目先レジスタンスとして意識されると失速した。12月米製造業・サービス部門PMI速報値が予想を下回ったことも相場の重石となった。この日発表の中国や欧州の経済指標が弱い内容となったことで、世界的な景気減速への警戒が高まり、NYダウが一時560ドル超下落。投資家がリスク回避姿勢を強め円買い・ドル売りが優勢となった。一時113.22円と日通し安値を付けたが、前日の安値113.21円が目先サポートとして意識されるとやや下げ渋った。

 

NY原油先物市場は反落:米国の石油生産拡大を嫌気

NY原油先物市場は、米国の石油生産の拡大が石油輸出国機構(OPEC)の減産を上回り、過剰な供給が継続するとの懸念が売り材料となった。また、アジア時間で発表された中国の鉱工業生産や小売売上高が市場予想を裏切る弱さだったことで、原油需要が弱まると予測され終始上値が重い展開だった。また米株式市場が軟調に推移していることも上値を抑えた。米国内の石油掘削装置(リグ)稼動数は前週比4基減少の873基となった。

 

NY金先物市場は続落:ドルインデックス指数急上昇を嫌気

米国株式市場が大幅下落調整になったにもかかわらず、ユーロがドルに対して11月以来のドル高・ユーロ安となったことや、ドルインデックス指数が急上昇したことが売り材料となった。

 

米国債券市場は上昇:世界的な景気減速感から買い優勢

米国債券市場で長期ゾーンは上昇(利回りは低下)した。米10年物国債利回りは前日比0.02%低い(価格は上昇)2.89%で終了した。中国や欧州で景気減速を示す経済指標が相次いたことで、安全資産とされる米国債の買いを誘った。また、米国株相場が大幅下落したことも相場を支えた。

カテゴリー: 朝の市場コメント

カテゴリー

カレンダー

12月 2018
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

ページの先頭へ