FITS エコノミックレポート

日経225は5日SMAと25日SMAの攻防!

2019/06/17/03:03:43

 

★日経225の日足では、4月24日の高値を起点として5月28日高値を結んだトレンドライン(R1)を上抜けしたことで、上昇基調となった。その後、6月4日の高値を起点とした6月11日安値を結んだトレンドライン(S1)を下抜けした。同起点から6月13日の安値を結んだトレンドライン(S2)がサポートラインとして意識されており、週明け後もサポート出来るかが焦点となる。

 

SMAでは、5日SMA(赤線)21,123円がレジスタンスとなり、上値を抑えている一方で、25日SMA(青線)21,030円がサポートラインとして下値を抑える狭いレンジ内での取引となっている。週明け上下どちらに抜けるかが焦点となる。上抜けしても100日SMA(黒線)21,284円がレジスタンスとして意識される一方で、下値では上向きとなっている10日SMA(黄線)20,887円がサポートとして意識される。

 

ストキャスティクス・スロー(パラメータ:14、5、3、20、80)は、%DがSlow%Dを上抜けして両線とも上向きを維持していることから、戻り基調は継続している。ただ、かい離幅が縮小していることから、上向きの勢いは鈍化傾向となっている。

 

まとめると、現在は2や25日SMAにサポートされているものの、上値も重くなっていることから、投資判断は『様子見』となる。売買高も20億円に届かない日々が続いており、上値追いするにはパワー不足となっている。下値ではPERが11倍台にありPBRも1.06倍と割安感があり、押し目買いも根強い。そのため、米国株が大崩することや急速な円高基調とならない限り大崩も考え難い。また、7月に参院選挙を控えて、政府も円高・株安での選挙では厳しくなることから、下支えする政策を打ち出してくる可能性もある。そういう意味では、突発な出来事がない限り狭いレンジ内での値動きになりやすい。

カテゴリー: ホットニュース

朝の市場コメント!

2019/06/17/03:02:24

米国株式市場は下落:世界景気の先行き不透明感から売り優勢

NYダウは17.16ドル安の26089.16ドル、ナスダックは40.47ポイント安の7796.66と反落して終了した。中国国家統計局が発表した5月鉱工業生産が約17年ぶりの低い伸びとなったことで、需要の減少が鮮明になった。そのため、年後半の需要回復に対する期待が後退した半導体関連株が軒並み売られたのも相場の重荷となった。世界景気の先行き不透明感が意識された。ただ、この日発表の米5月小売売上高が堅調な内容だったことから、買いも入りやすくNYダウは一時プラス圏を回復する場面もあった。VIX指数は15.82から15.28へ低下した。

 

NY外国為替市場:米経済指標が概ね良好でドル買い優勢

ユーロ/ドルは、独10年債金利が一時▲0.270%前後と過去最低を付けたことでユーロ売り・ドル買いが先行下。米5月小売売上高など米経済指標が概ね良好な内容だったことが分かると全般ドル買いが活発化し、一時1.1203ドルと5月31日以来の安値を付けた。米商務省が発表した米5月小売売上高は市場予想をやや下回ったものの、4月分が上方修正されて3ヵ月連続の増加となった。また、FRBが公表した米5月鉱工業生産指数は市場予想より強い内容となった。

ドル/円は、アジア時間夕方に一時108.16円と日通し安値を付けたものの、米小売売上高が『まずます堅調な内容だった』と受け止められと一転円売り・ドル買いが優勢になった。対欧州・オセアニア通貨中心にドル高が進んだ影響も受けて、一時108.59円まで上値を伸ばした。

 

NY原油先物市場は続伸:中東情勢の地政学リスクの高まりから買い優勢

NY原油先物市場は売りが先行した。前日の石油輸出国機構(OPEC)に続いて、国際エネルギー機関(IEA)が19年の世界の石油需要見通しを下方修正したことが材料視された。もっとも、NY勢が本格参入すると買いが強まり一時52ドル後半まで上昇した。また、前日のオマーン湾でのタンカー攻撃で米国とイランの軍事緊張が高まり、中東の地政学リスクが再び意識された。米国内の石油掘削装置(リグ)稼動数は前週比1基減少の788基となった。

 

NY金先物市場は小幅続伸:ドル高進行を嫌気して上げ幅縮小

NY金先物市場は小幅に4日続伸して終了した。前日に高まった中東を巡る地政学リスクが引き続き意識されロンドン序盤には1362ドル台まで大きく上昇した。しかし、その後、米5月小売売上高など米経済指標が概ね良好な内容だったことで、為替市場でドル高が進行したことで金に割高感による利益確定売りに傾き、週末引けにかけて上昇幅を大きく縮めて終了した。

 

米国債券市場は続伸:世界景気の先行き不透明感から買い優勢

米国債券市場で長期ゾーンは4日続伸(利回りは低下)した。米10年債利回りは前日比0.01%低い(価格は上昇)2.08%で終了した。5月中国鉱工業生産が約17年ぶりの低い伸びとなったことで、世界景気の先行き不透明感が意識され債券買いを誘った。ただ、米5月小売売上高など米経済指標が概ね良好な内容だったことから、相場の上値は重かった。

カテゴリー: 朝の市場コメント

東京金60分足では引けにかけ買い戻し!

2019/06/17/03:01:04

 

★6月10日以降の東京金60分足では、利益確定売りに押されサポートとして意識されていた24時間SMA(緑線)を下抜けした。ただ、直近安値4,604円を起点として4,643円を結んだトレンドライン(S1)がサポートとして意識され下げ止まる展開となった。そのため、上昇基調は継続しているがS1を下抜けしてくると、トレンドの転換の兆しとなりやすい。

 

NY金先物市場は小幅に4日続伸して終了した。前日に高まった中東を巡る地政学リスクが引き続き意識されロンドン序盤には1362ドル台まで大きく上昇した。しかし、その後、米5月小売売上高など米経済指標が概ね良好な内容だったことで、為替市場でドル高が進行したことで金に割高感による利益確定売りに傾き、週末引けにかけて上昇幅を大きく縮めて終了した。

 

価格帯別出来高では、4,650円近辺での出来高が多いことから、50円超抜けとなっていたことや、週末ということもあり上値が重くなると利益確定売りが入りやすかった。

 

MACD(パラメータ:12、26、9)は、ゼロライン上方からMACDがシグナルとデッドクロスして下落基調となっている一方で、ストキャスティクス・スロー(パラメータ:14、3、3、20、80)は、低水準から%DがSlow%Dを上抜けしてきており、持ち直しの兆しとなっている。そのため、MACDのゼロラインがサポートとなりやすい。

 

東京金の日足では、3月20日の高値4,685円を一時上抜けしたことで達成感からの利益確定売りが入りやすかった。ただ、5日SMA4,654円がサポートして意識され下ヒゲを伴って戻り基調となった。5日SMAと10日SMAは上向きを維持していることから、上昇基調は継続している。NY金も上昇基調が続いていたことで、ドルインデックス指数の上昇やドルが強含みとなったことで、利益確定売りが入りやすい地合いとなっていた。ただ、タンカー襲撃絡みで中東情勢の地政学リスクが高まってきており、底堅い展開が予想される。為替市場では、ドル/円は108円台前半から半ば近辺でのこう着相場となっており、米国の早期利下げの思惑が漂うなか底堅い展開となっている。

週明けの注目点は、5日SMAの4,654円を維持出来るかにある。再び騰勢を回復するようなら2月20日に付けた年初来高値4,789円が次の上値節目となる。一方で、5日SMAを下抜けすると、2月20日高値と5月29日安値の半値戻し4,638円や10日SMA4,634円が下値目処として意識される。

カテゴリー: ホットニュース

カテゴリー

カレンダー

6月 2019
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ページの先頭へ