立会時間/計算区分/CB

立会時間/計算区分/CB

2016年9月20日、(株)東京商品取引所では取引システムをリニューアルします。
リニューアル後の立会時間、サーキットブレーカーなどが変更になりますのでご注意ください。

立会時間と計算区域

立会時間について

(株)東京商品取引所の立会時間は東京ゴムを除き次のとおりです。

※ゴムの夜間立会ザラバ取引は16時30分から18時55分までおこないます。
※ゴムの引け板合わせは19時00分におこないます。
※日中、夜間それぞれの立会開始時と終了時に板合わせをおこないます。
※日中の寄付板合わせ、夜間の寄付板合わせと引板合わせそれぞれの開始1分前より「ノンキャンセル・ピリオド(NCP)」となり注文の変更取消がおこなえません。

計算区域について

取引上での「1日」は、通常の「1日」とは考え方が異なります。
具体的には、「前営業日の夜間立会」+「日中立会」を取引上の「1日」としており、この期間で不足金の計算等がおこなわれます。
この期間のことを「1計算区域」と呼びます。

<納会発会における注意点>

  
  • 新甫発会は、当月限納会日の翌計算区域の日中立会からおこなわれます。
  • ミニ取引は、標準取引の当月限納会日の前営業日日中取引で終了します。
サーキットブレーカーとは

(株)東京商品取引所では、急激な値動きを抑えるべくサーキットブレーカー制度を導入しています。このサーキットブレーカー制度には前計算区域帳入値段から算出したSCBと、直近約定値段から算出したDCBの2種類がありますのでご注意ください。

■ サーキットブレーカーのイメージ

サーキットブレーカーのイメージ

(1)SCB(サーキットブレーカー)制度-Static Circuit Breaker
取引所が定める注文可能な制限値幅です。前計算区域帳入値段から制限値幅の範囲内で発注できます。
市場状況を勘案し取引所が必要と認めない限り、SCB幅を拡大することはありません。

(2)DCB(即時約定可能)値幅-Dynamic Circuit Breaker
価格の連続性を維持し、誤発注による急激な価格変動を防止するための制度です。直近約定値段(DCB基準値段)から一定以上の値幅(DCB値幅)を超える値段で注文が対当した際、 取引は30秒間中断されます。

DCB値幅の運用に関しては、特に下記の事項にご注意ください。

  • 寄付板合わせ時にはDCB値幅は設定されません。
  • 引板合わせ時にはDCB値幅が設定され、DCB範囲内で対当した際に約定します。
  • FaKで発注した注文がDCB値幅の範囲外で対当した際、DCBが発動しますが、当該注文は不成立になります。
  • 取引の一時中断後、取引は板合わせから再開します。
  • 取引の一時中断後の対当値段が、DCB 値幅の範囲外である際、すぐに取引の再開は行わず再度一定時間中断します。その後、対当値段に最も近接する当該DCB値幅の値段にDCB基準値段を更新し、対当値段がDCB値幅内になった後、板合わせを行います。
  • FoKではDCBは発動しません。
  • DCB値幅は(株)東京商品取引所が定期的に見直すこととします。

最新のサーキットブレーカー制度とDCB値幅については(株)東京商品取引所ホームページよりご確認ください。

(株)東京商品取引所 (株)東京商品取引所ホームページ
口座開設 ログイン

お客様サポート

FITSオリジナル 小次郎講師レポート掲載 商品先物取引の需給データ集 NSN情報 FUJITOMI 動画ニュース エコノミックレポート スタッフブログ FITSプレミアムコース
メールでのお問い合わせ