NSN情報をすべてのお客様に

NSN情報とは


 「NSN情報」は、株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイドが提供する商品市場に特化した相場情報配信サービスです。個人投資家のお客様のお役に立つコアな相場情報が満載の「NSN情報」を、当社の取引ツールから直接ご利用いただけるようになりました。

 現在、多くの商品先物取引会社もこのサービスを取り扱っていますが、そのほとんどが一部のお得意様向けのサービスや有料サービスとしてのご提供となっています。
またお客様が直接、株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイドに申し込んで定期購読することも可能ですが、月額4000円から7200円(サービス内容によって異なります)の利用料金が掛かります。

 フジトミでは、インターネット取引口座をお持ちのすべてのお客様に「NSN情報」を無料で提供しています。

 今回はNSN情報の3つの特徴をご紹介します。

1.海外マーケットの価格情報が確認できる

  東京商品取引所(TOCOM)に上場している銘柄のほとんどは国際商品と呼ばれるものです。国際商品とは日本だけではなく、世界中の取引所で取引されている商品を指します。東京市場で取引高が多い「東京金」や「プラッツドバイ原油」などはNYやロンドンなど世界中のマーケットで24時間取引されています。特に金融の中心であるNY市場の値動きは大きな影響力を持っており、その動向を知る術があるか否かはトレードの成績にも影響してきます。

  NSNがあれば、海外市場の情報をスムーズに入手できます。メニューから「海外電子取引」を開くとNY市場、シカゴ市場の値動きを知ることができます。例えばNYMEXであれば通常取引の終値情報だけではなく、その後も続く電子取引のレートが10分遅れで確認できるので、なぜ価格が変動したのか、タイムロス少なく知ることが可能です。

  この機能のユニークな点はただレートを表示するのではなく、時系列が分かる表とチャートが一緒に表示されていることで、その時間軸は東京時間で表示されていますので日本時間の何時にNYではどんな変動があったのかを知ることができます。
  商品先物取引をおこなうのであれば是非とも活用していただきたい機能です。

2.一日の値動きが良くわかるライブチャート

 どこの取引会社のツールを使っていても日中の値動きを示すチャートは掲載されているとは思いますが、NSNのライブチャートはその辺のチャートとは一味違います。

 NSNのライブチャートの最大の特徴はその計算区域の値動きしか表示させていないことにあります。それだと情報が少ないと思われがちですが、無駄な情報が一切なくその日の最高値と最安値を付けたのがどのタイミングでつけ、いくらだったのかを知ることができる合理的なチャートとなっています。

 表示させている情報はとてもシンプルです。例えば東京金であれば、16時30分以降の金の値動きと前日帳入値段、時間毎の出来高、ドル円、ユーロドルのチャート。それだけです。通常、トレードを有利に行なう為により多くの情報を求めがちですが、価格は常にすべての情報を反映していて、新しい情報が即座に価格に反映していると仮定するのであれば、シンプルな値動きが分かるチャートが一番使いやすいと言えます。

 普段、大量の相場情報に振り回されているとお感じの方には是非とも活用していただきたい機能です。

3.豊富な相場情報

 NSN情報にはレポートが盛りだくさんです。特に見ていただきたいのがサービス名である「NSN」をレポート名にしている「NSNレポート【週間・金】」です。NSNレポート最大の特徴は毎週日曜日に配信されることです。相場が動いていない日曜日にレポートが確認できるのでじっくりと腰を据えて、先週のおさらいとその週の投資戦略を練ることができます。

 同じ内容のレポートでも日曜日に確認できるか、それとも月曜日まで待たないと確認できないかは大きな違いになります。少しでも早く相場戦略を練りたい方は「NSNレポート【週間・金】」をご活用ください。

 上段メニューにある銘柄属性を開くとそれぞれの銘柄に合わせた「海外ニュース情報」「統計情報」「分析メニュー」「需給データ」が表示されます。色々なデータがそろっているので分析によってトレード手法を決めている方には活用していただきたい機能です。

今回ご紹介した機能以外にも便利な機能がたくさんありますので、色々とお試しください。

口座開設 ログイン

マーケット情報