理由6ロスカット制度採用

ロスカット制度採用

ロスカット制度採用


フジトミのオンライン商品先物FITSインターネット取引スタンダードコースでは、お客様が安心してお取引できるよう、口座での損失額が一定水準に達した時点で自動的にすべての建玉を決済するロスカット制度を採用しています。

受入証拠金総額を必要証拠金で除して算出した有効比率が150%以下になるとアラートが発動し、有効比率が100%以下になると自動的に決済注文が発注されます。

・ロスカットアラート基準 有効比率150%
・ロスカット基準      有効比率100%
・ロスカット監視      3分間隔で取引口座の有効比率を計算して判断します

※ロスカット制度の採用は、商品先物取引業者各社の判断でおこなっています。
インターネット取引スタンダードコースではすべてのお客様がより安全に取引できるようロスカット制度への承諾をいただいています。

商品先物取引は、証拠金で取引しており、総取引金額は取引に際して預託する証拠金の数倍から数十倍の額になります。タイミングによっては、お預かりしている証拠金以上の損失が発生する可能性があり、ロスカットがない取引では、想定以上の損失に発展する可能性が高くなってしまいます。

より安全な取引を求めているお客様にロスカット付きの取引が選ばれています。


口座開設 ログイン LINE@始めました FITSオリジナル 小次郎講師レポート掲載 商品先物取引の需給データ集 NSN情報 market NEWS(動画) エコノミックレポート コラム リモートオペレータ
メールでのお問い合わせ