東京商品取引所から大阪取引所への移管について

平素は株式会社フジトミならびに商品先物オンライントレード「FITS」へ格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。

2020年7月27日より東京商品取引所(TOCOM) で取引されている貴金属市場、ゴム市場、農産物市場が大阪取引所(OSE)に移管されることとなりました。

OSE 商品移管に伴う取引制度等の変更点は次の通りです。


Ⅰ.システム移行日と注意点
Ⅱ.システム変更による変更点

Ⅰ.システム移行日と注意点

東京商品取引所(TOCOM)から大阪取引所(OSE)への商品デリバティブの移管は2020年7月27日(月)を予定しています。
そのため、7月22日(水)の夜間立会は行われません。

19 20 21 22 23
海の日
24
スポーツの日
25
15時15分:
・TOCOMでの取引終了
(貴金属・ゴム・農産物)

・22日以降の有効期限付注文は発注できません。
・メンテナンス終了までクイック入金はできません。
・夜間立会は休場です。
メンテナンス メンテナンス 13時00分:
メンテナンス終了予定
状況によって前後する可能性があります。
26 27 28 29 30 31 8/1
OSEでの取引開始
(貴金属・ゴム・農産物)
  大阪取引所への移管に伴う規約への同意について
    2020年7月27日(月)より貴金属・ゴム・農産物市場の上場商品が東京商品取引所から大阪取引所に移管されることとなりましたが、7月27日以降も継続して弊社FITSにてお取引いただくためには、すべての交付書面に同意していただく必要がございます。
    まだお手続きが完了していないお客様は、東京商品取引所での取引最終日7月22日(水)15時15分までに、PCブラウザ版取引画面、またはスマートフォンブラウザ版取引画面の「未同意規約一覧」より、ご同意・ご承諾の手順にお進みいただきますようお願い申し上げます。

    同意方法につきましてはこちらをご覧ください。
    大阪取引所への移管に伴う規約への同意について

    ※ご注意
    ・移管に関するご同意後にお取引口座が取引可能な状態になるまで1~2営業日かかりますので、7月27日(月)の日中立会からお取引に参加される予定のお客様は、必ず7月22日(水)15時15分までに、ご同意の手続きを済ませていただくようお願いいたします。
    ・同意いただけない限り、7月27日(月)以降お取引画面にログインできなくなります。入金・出金・新規注文・仕切り注文などすべてのお取引が行えなくなりますのでご注意ください。


  システム移行日における注意点
  • ・2020年7月22日(水)の夜間立会は休場です。(TOCOMエネルギー市場は移管対象ではありませんが、夜間立会はありません。)
  • ・7月22日(水)16時30分以降、メンテナンスを行いますので取引画面にログインできません。
  • ・メンテナンスの終了は、7月25日(土)13時を予定しています。
  • ・2020年7月27日(月)以降を有効期限とした注文は有効期限にかかわらず7月22日(水)の日中立会終了後にすべて失効します。
  • ※システム移行日のスケジュールは、予告なく変更となる可能性があります。

Ⅱ.主だった変更点

1取扱い商品に変更はありません

OSE に移管される弊社取扱い商品は下記の通りです。

TOCOMからOSEへの移管

商品移管前は、商品先物取引法に則って取引されていましたが、移管後は金融商品取引法に則って取引されます。移管後お取引をご継続いただくためには、すべての交付書面に同意いただく必要がございます。

2サーキットブレーカー制度の変更
現在はTOCOMの全市場において、立会時間中の取引一時中断や立会時間中のSCB(サーキットブレーカー)幅の拡大はおこなわれていませんが、OSE移管後の貴金属市場においては、JPXの定めるサーキットブレーカー制度が適用され、サーキットブレーカー発動条件に合致した場合には取引が一時中断となり、サーキットブレーカー幅が拡大されます。

OSE

商品 即時約定可能値(DCB)幅 サーキットブレーカー(SCB)幅
金(標準、ミニ、限日) 40円

400円→600円→800円
(拡大時にSCB発動)

1円

10円→20円→30円
(拡大時にSCB発動)

白金(標準、ミニ) 40円

400円→600円→800円
(拡大時にSCB発動)

パラジウム 30円

1,000円→1,500円→2,000円
(拡大時にSCB発動)

ゴム(RSS3、TSR20) 5円

20円(原則、停止・拡大なし)

一般大豆 500円

4,800円(原則、停止・拡大なし)

小豆 100円

700円(原則、停止・拡大なし)

とうもろこし 250円

1,500円(原則、停止・拡大なし)

3ゴム市場の日中立会開始時間が午前9時に変更
ゴム市場(RSS3 およびTSR20)の日中立会の寄付板合わせの開始時間が午前8時45分から午前9時00分に変更されます。また、ゴム市場にノンキャンセル・ピリオドは適用されません。

ゴム市場の立会時間

・日中立会寄付板合わせ

08時45分→09時00分

・日中立会ザラバ取引 09時00分から15時10分
・日中立会引板合わせ 15時15分
・夜間立会引板合わせ 16時30分
・夜間立会ザラバ取引 16時30分から18時55分
・夜間立会引板合わせ 19時00分
※ 他市場のノンキャンセル・ピリオドの適用時間は、「16:29-16:30」「5:29-5:30」「8:44-8:45」です。
4取引コースの名称変更
インターネット取引サービスの名称を変更します。
旧名称: FITS 通常取引
新名称: FITS インターネット取引スタンダードコース
5証拠金不足解消ルールの変更
■証拠金不足発生時のお客様の対応について証拠金不足請求が発生した場合は、証拠金不足発生の翌営業日午前11時までに、当社で着金確認ができるよう、証拠金不足額以上の入金を行ってください。

■証拠金不足発生時における当社の対応について、当社は証拠金不足発生の翌営業日11時までに、お客様から証拠金不足以上の入金を行っていただけなかった場合、証拠金不足発生時に保有していた建玉をお客様の計算のもと任意に強制決済できるものとします。

ご注意
証拠金不足発生の 翌営業日11時までに、証拠金不足発生時に保有していた全ての建玉をお客様自らが決済した場合やロスカットが発動して全ての建玉が決済された場合でも、証拠金不足の状態は 解消しません。証拠金不足への対応には、必ず、証拠金不足額以上の入金が必要です。

6ロスカット制度の導入

弊社では2020年7月27日(月)より、お客様のお取引口座での損失額が一定の水準に達した時点で、取引システムが自動的にすべての建玉を決済する「ロスカット制度」が導入されます。

・ロスカット基準 有効比率100%
・ロスカットアラート基準 有効比率150%
・ロスカット判定 3分間隔で取引口座の有効比率を計算して判定します

※ 2020年7月27日(月)以降、インターネット取引スタンダードコースでお取引いただくためには、ロスカット制度への同意が必要です。

7注文の有効期限
お客様が設定できる注文の有効期限が延長されます。
現在 当日を含め7計算区域まで
移管後 当日を含め255日後まで
8発注上限枚数の設定

2020年7月27日(月)より、一度に発注できる注文枚数に上限が設けられます。

上限枚数
・金(限日) 1,000
・白金(限日) 300
・金(ミニ) 200
・白金(ミニ) 100
・金(標準) 500
・白金(標準) 500
・銀 100
・パラジウム 100
・ゴム(RSS) 100
・ゴム(TSR) 100
・原油 100
・ガソリン 100
・灯油 100
・小豆 100
・大豆 100
・とうもろこし 100
9フィーチャーフォン(ガラケー)版FITSサービス終了
フィーチャーフォン(ガラケー)版FITSは、2020年7月22日日中立会終了を持ちましてサービス終了となります。
ご利用のお客様は、PCまたはスマートフォンからのお取引をお願いいたします。
10値洗益で注文で可能に
益金計算となる値洗損益金通算額が受入証拠金総額の計算に加算されるようになり、値洗益での注文、建玉が可能になります。
11ボリュームディスカウントの終了
1ヶ月間に3,000枚以上売買されたお客様を対象に行っているボリュームディスカウントは2020年7月22日を持ちまして終了となります。
口座開設 ログイン LINE@始めました FITSオリジナル 小次郎講師レポート掲載 商品先物取引の需給データ集 NSN情報 market NEWS(動画) エコノミックレポート コラム リモートオペレータ
メールでのお問い合わせ