取引所システム変更のお知らせ

平素は格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。

現在、フジトミのオンライン商品先物取引「FITS」をご利用中のお客様にお知らせします。
株式会社東京商品取引所(通称:TOCOM)では、世界最高水準の売買システムとなるべく、2016年9月20日(火)のシステム変更を予定しています。

次期システムの本番稼働経過情報(株式会社東京商品取引所)
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/20160401_NewSystem_information.html


Ⅰ.システム移行日と注意点
Ⅱ.システム変更による変更点

Ⅰ.システム移行日と注意点

取引所新システムのリリースは2016年9月20日(火)を予定しています。そのため、9月16日(金)の夜間立会は行われません。

11 12 13 14 15 16 17
15時15分:
・現行システム終了
・16日以降を有効期限付注文は発注できません。
・メンテナンス終了までクイック入金ができなくなります。
・夜間立会は休場です。
7:00:
メンテナンス
18 19 20 21 22 23 24
21:00:
メンテナンス終了
敬老の日(休場) 8時45分:
立会スタート
秋分の日
(休場)
  システム移行日における注意点
  • ・2016年9月16日(金)夜間立会は行いません。
  • ・有効期限付き注文は9月16日(金)日中取引終了時点以降の設定ができません。
  • ・9月17日(土)朝7時から18日(日)21時の間、メンテナンスを行います。
  • ・新システムの変更後、初回ログイン時には新しい事前交付書面への確認・同意が必要です。
  • ※予告なく変更となる可能性があります。

Ⅱ.システム変更による変更点

1取引時間の変更について

市場参加者ニーズに応えるとともに、デリバティブ市場の取引機会・価格発見機能をさらに拡大・強化する観点から、取引時間を拡大いたします。

立会時間

(1)日中立会開始時間の前倒しと板合わせ

日中立会開始時間を朝09時00分から08時45分に変更します。
<日中立会の流れ>

・08時45分 寄付板合わせ
・08時45分から15時10分 ザラバ
・15時15分 引板合わせ

(2)夜間立会時間の拡大

夜間立会終了時間を04時00分から05時30分に延長いたします。
<夜間立会の流れ>

・16時30分 寄付板合わせ
・16時30分から翌朝05時25分 ザラバ(※ゴムは16時30分から18時55分)
・05時30分 引板合わせ(※ゴムは19時00分)

(3)新甫発会の変更

・当月限納会日の翌計算区域の日中取引から新甫発会となります。

(4)ミニ取引の取引終了日

・標準取引の当月限納会日の前営業日の日中取引で終了します。

(5)問い合わせ受付時間の変更

立会時間の延長に合わせ当社問い合わせ受付時間を変更します。
・日中連絡先 08:30-18:00
・夜間障害時 18:00-05:30

2ノンキャンセル・ピリオド(NCP)の導入
ノンキャンセル・ピリオド(NCP)とは、板合わせ直前の1分間について、訂正・取消し注文を原則受け付けない時間帯を指します。
板寄せ直前の注⽂訂正・取消しによる過度の価格変動を防止する観点から、寄付き及び引けに係る板合わせの直前にノンキャンセル・ピリオドを導入します。

(1)対象注文

ノンキャンセル・ピリオド中、訂正注文及び取消し注文を受け付けません。
※新規注文は受け付けられます。

(2)対象時間

日中立会における寄付板合わせ前の1分間、夜間立会における寄付板合わせ及び引板合わせ前の1分間が対象時間です。
・日中立会寄付板合わせ 08時44分から08時45分
・夜間立会寄付板合わせ 16時29分から16時30分
・夜間立会引板合わせ 05時29分から05時30分(※ゴムは18時59分から19時00分)
※日中立会引板合わせ時のノンキャンセル・ピリオドは行いません。
3売買注文(執行条件)の変更
売買注文の名称が日本語表記となります。また、一部の挙動が変更されます。
新システムリリース以降に搭載予定の注文は次の通りです。

指値注文(指値) 従来のLO注文です。
成行注文(成行) 従来のMO注文です。
対当値段条件付注文(対当値段) 反対サイドの最良気配値と対当させる注文です。
引成注文(引成) 引板合わせ時のみ有効な注文です。
引指注文(引指) 引板合わせ時から有効な注文です。
逆指注文(逆指) トリガ条件が満たされた場合、発注される注文です。
スタンダード・コンビネーション注文
(SCO)
限月間・商品間スプレッド取引を利用した注文です。
※カッコ内はシステム表示の略称
その他
IFD 新規注文とその対象玉の仕切注文を事前に発注する注文です。
IFD/OCO 新規注文とその対象玉の利食いと損切りを同時に発注する注文です。
4サーキットブレーカー制度の変更

(1)即時約定可能値幅の導入

価格の連続性を維持し、急激な価格変動を防止するため、即時約定可能値幅を導入します。
・即時約定可能値幅外で注文が対当した場合、30秒間の一時中断(DCB:Dynamic Circuit Breaker)後に、板合わせから再開します。

(2)サーキットブレーカー(SCB)発動条件の変更

・現行システムでは、取引所が定めるサーキットブレーカー(SCB)幅の外で注文が対当した際に自動的にサーキットブレーカー(SCB)が発動されますが、次期システムでは取引所が必要と認めた際にのみサーキットブレーカー(SCB)が発動します。

< 即時約定可能値幅とサーキットブレーカー幅 >

商品 即時約定可能値(DCB)幅 サーキットブレーカー(SCB)幅
金(標準、ミニ、限日) 40円 800円
1.0円 30.0円
白金(標準、ミニ) 40円 800円
パラジウム 30円 300円
石油市場 400円 10,000円
中京石油市場 400円 10,000円
ゴム 1.5円 20.0円
一般大豆 500円 4,800円
小豆 100円 700円
とうもろこし 250円 1,500円

※サーキットブレーカー(SCB)幅は取引所が必要と認めない限り拡大しません。

5帳入れ値段について
帳入れ値段は原則、終値となります。
・現物先物取引 終値
・金ミニ・白金ミニ 標準取引の終値
・金限日 理論値

今回の案内は、フジトミのオンライントレード「FITS」を通じてお取り引きするお客様に向けてのものです。
コンサルティング取引をご利用のお客様は担当者までお問い合わせください。 新取引所システムの詳細については以下よりご覧ください。

  • 立会時間/計算区域/CB(新TOCOM)
  • 注文の種類と約定条件(新TOCOM)

また、ご不明な点がございましたら、フリーダイヤル0120-15-2413までご連絡ください。

口座開設 ログイン TOCOMリアルトレードコンテスト FITSオリジナル 小次郎講師レポート掲載 商品先物取引の需給データ集 NSN情報 FUJITOMI 動画ニュース エコノミックレポート スタッフブログ FITSプレミアムコース リモートオペレータ
メールでのお問い合わせ