FITS エコノミックレポート

朝の市場コメント!

2017/06/14/07:58:33

★米国株式市場は上昇:IT関連株持ち直しリスク選好

NYダウは92.80ドル高の21328.47、ナスダックは44.90ポイント高の6220.37で取引を終了した。アップルなど主力のIT関連株が持ち直し、投資家心理が改善し終日堅調推移となった。ただ、FOMCでのバランスシートの縮小や年内の利上げペースに関する見解を見極めたいとの思惑から上値は限られた。VIX指数は11.46から10.42へ低下した。

 

★NY外国為替市場:FOMC結果公表控え鈍い値動き

ドル/円は、米5月卸売物価コア指数(PPI)が前月比で予想を上回る結果だったことで、一時110.21円まで上昇したものの、欧州序盤に付けた高値110.27円が目先の上値目処として意識されると伸び悩んだ。米長期金利が低下したことが嫌気され109.90円台まで下押しした。ただ、NYダウが100ドル近く上昇するなど株価が堅調に推移したため下値も限定的となった。ユーロ/ドルは、ユーロ/ポンドなどの下落につれて1.1190ドル台までやや弱含む場面もあったが、下押しは限定的だった。

 

NY原油先物市場は続伸:原油在庫減少期待で買い優勢

一時46ドルを下回ったが、米原油在庫の減少期待が広がったことから反転した。OPECによる5月の産油量は日量で33万6100バレル増加したが、今年後半にかけて減産措置の影響で原油在庫の継続的な減少が予想されており、5月の増産を嫌気した売りは拡大しなかった。また、明日のEIA週間在庫統計について、市場では『原油在庫が前週から減少する』との予想が多く、需給改善を期待した買いが入った。

 

★NY金・銀先物市場は続落:FOMC結果を控え様子見姿勢

NY金先物市場は、1260.50ドルから1271.00ドルのレンジで推移した。FOMCの結果を控えて、積極的な売買は手控えられ小動きとなった。また、米国株がしっかりした推移をみせたことも手控え材料となった。

 

★米国債券市場は横ばい:FOMC結果を控え様子見姿勢

米国債券市場で長期ゾーンは横ばいとなった。米10年債国債利回りは前日と同じ2.21%で終了した。米5月卸売物価コア指数(PPI)が前月比で強い内容だったことに債券売りで反応したものの、一時的となった。FOMC結果を控えて売買は手控えられた。

カテゴリー: 朝の市場コメント

朝の市場コメント!

2017/06/13/08:06:40

★米国株式市場は下落:ハイテク株売られ指数押し下げ

NYダウは36.30ドル安の21235.67、ナスダックは32.45ポイント安の6175.46で取引を終了した。先週末に一部アナリストが主要ハイテク株への投資リスクを警告したことを受けて、引き続きハイテクセクターに利益確定の動きが広がり、終日軟調推移となった。アップの大幅安も指数を押し下げた。しかし、原油価格が上昇したほか、FOMCの結果を見極めたいとの思惑から下値は限定的となった。VIX指数は10.70から11.46へ上昇した。

 

★NY外国為替市場:ドルは総じて弱い展開

ドル/円は、欧州時間帯では英国の政局不透明感などを嫌気したリスク回避の円買いに拍車がかかった。ナスダック指数が一時5%超安と前週末に続き大幅に下落したため、株安を受けたドル売りが継続した。また、好調な米3年債入札を受けて米長期金利が低下に転じたことも嫌気された。ただ、米10年債入札後に米金利が再び上昇したほか、米国株が下げ渋ると109.90円台まで下げ渋った。ユーロ/ドルは、欧州時間に一時1.1232ドルまで値を上げたが、前週末高値の1.1237ドルが目先のレジスタンスとして意識されるとその後は上値が重くなった。

 

★NY原油先物市場は続伸:需給バランスの改善期待から買い優勢

サウジアラビアのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相は、『今後3、4カ月間は在庫減少のペースが加速する』との見方を示したことが材料視された。需要減少に対する警戒感は高まっていないことも原油価格の下支えとなった。

 

★NY金・銀先物市場は続落:米FOMCを控えポジション調整売り

NY金先物市場は、1265.60ドルから1272.40ドルのレンジで推移したが、4日続落となった。13-14日に開催されるFOMCを引けて0.25%の利上げ実施が見込まれていることから、ポジション調整の売買に終始し、方向感に乏しい展開となった。

 

★米国債券市場は続落:米10年債入札後に一転売り優勢に

米国債券市場で長期ゾーンは4日続落(利回りは上昇)した。米10年物国債利回りは前営業日比0.01%高い(価格は下落)2.21%で終了した。好調な3年債入札を受けて債券買いが進み、利回りは一時2.18%まで低下した。ただ、その後の米10年物国債入札は無難だったとの見方から一転して売りが強まった。

カテゴリー: 朝の市場コメント

朝の市場コメント!

2017/06/12/03:01:14

★米国株式市場はまちまち:重要イベント通過で警戒感後退

NYダウは89.44ドル高の21271.97、ナスダックは113.85ポイント安の6207.92で取引を終了した。英総選挙の終了で欧州株が全面高となり、米国株もつれて買いが先行した。前日のコミー前FBI長官の議会証言など重要イベントが波乱なく通過し、投資家心理が回復しつつある。金融規制改革法(ドット・フランク法)見直し法案が下院で可決され、金融株に買いが広がった。しかし、一部アナリスが主要ハイテク株への投資リスクを警戒すると、利益確定の動きから上げ幅を縮小する展開となった。VIX指数は10.16から10.70へ上昇した。

 

★NY外国為替市場:ドルは米長期金利に振れる展開

ドル/円は、米長期金利が上昇したことを背景に買いが先行した。一時110.81円まで値を上げたが、一目均衡表雲の下限110.96円が目先のレジスタンスとして意識されると、その後は徐々に上値を切り下げる展開となった。ナスダック指数が3%近く急落すると日経先物もつれて下落。米長期金利も上昇幅を知事メルトリスク回避の売りが進み110.13円まで失速した。引けにかけて株価が買い戻されたことからやや下げ渋った。ユーロ/ドルは、米長期金利の上昇に伴ってじりじりと値を下げ、一時1.1166ドルまで下押しした。ただ、5月31日安値の1.1164ドルがサポートとして意識されると米長期金利の上昇幅縮小も支えに1.12ドル台を回復した。

 

★NY原油先物市場は反発:新規材料難から方向感ない

米国やナイジェリア、リビアで生産が拡大しており、OPEC主導の減産は供給過剰の解消につながらないとの見方は後退していない。米国の政治不安はる程度和らいでおり、週末前のポジション調整的な買いが入ったことが要因となった。需要減少に対する警戒感は高まっていないことも原油価格を下支えした。ただ、新規材料難から大きな方向感は出なかった。米石油会社ベーカーヒューズが発表した石油掘削設備(リグ)稼働数が、8基増の741基となり21週の増加となった。

 

★NY金・銀先物市場は続落:重要イベント通過で売り優勢に

NY金先物市場は1266.70ドルから1284.60ドルのレンジで推移した。コミー前FBI長官の議会証言や英国総選挙などの重要イベントが波乱なく通過したことで市場は不透明感が後退した。また、対ポンドを中心にドル高が進んだことや、NYダウが史上最高値を更新する展開となったことから、金は売りが優勢となった。1300ドルの大台を前にして失速気味となっている。

 

★米国債券市場は続落:ナスダック指数急落で買い戻しも

米国債券市場で長期ゾーンは3日続落(利回りは上昇)した。米10年物国債利回りは前日比0.01%高い(価格は下落)2.20%で終了した。目先のイベントを通過したことを背景に債券売りが先行した。一時2.22%まで上昇する場面もあった。ただ、ナスダック指数が急落すると安全資産とされる債券を買い戻す動きが強まった。

カテゴリー: 朝の市場コメント

朝の市場コメント!

2017/06/09/08:22:48

★米国株式市場は上昇:引けにかて上げ幅縮小

NYダウは8.84ドル高の21182.53、ナスダックは24.38ポイント高の6321.76で取引を終了した。コミー前FBI長官はロシアによる大統領選への介入を明らかにしたものの、ロシア高官との接触が疑われたフリン前大統領補佐官の捜査を巡るトランプ大統領の司法妨害については言及を避けた。終了後は、政権運営に対する先行き懸念が後退したことで、一時90ドル超上昇した。ただ、英国選挙結果を見極めたいとの思惑から引けにかけて上げ幅を縮小した。ナスダック総合指数は史上最高値を更新した。VIX指数は10.39から10.16へ低下した。

 

★NY外国為替市場:ドルは主要通貨に対して総じて強い展開

ドル/円は、欧州時間からの買いの流れが継続した。米長期金利や日経先物が上昇したことも支えとなり、一時110.23円まで値を上げた。ただ、一旦上値は抑えられたがコミー前FBI長官の公聴会を前に米長期金利が上昇すると買いが再開し、一時110.38円まで上値を伸ばした。コミー前FBI長官は『トランプ米大統領はフリン氏捜査の中止を命令しなかった』などと述べたが、新味に欠ける内容だったため材料出尽くし感から売りに押された。NYダウが失速したことや米長期金利が上昇したことが相場の重しとなった。ユーロ/ドルは、欧州序盤から冴えない展開となった。ECBが、政策金利を据え置き、声明で利下げを示唆するガイダンスを削除したことが分かると買いが入ったが、反応は一時的だった。記者会見で2017-19年のインフレ見通しを引き下げたことが伝わると売りが再開したが、1.11ドル台では押し目買いが入ったため、一段と下落する展開にはならなかった。

 

★NY原油先物市場は続落:原油在庫増を嫌気した売り継続

原油在庫の増加や原油需要増大の思惑はやや後退していることが意識された。供給超過状態の段階的な解消への期待は失われていないものの、シェール生産量の増加に対する警戒感が残っており、原油価格の上値は重いままとなっている。

 

★NY金・銀先物市場は続落:ドル強含みで売り優勢

NY金先物市場は、1273.50ドルから1291.50ドルのレンジで推移した。ECBは、利下げの可能性を排除する姿勢を示したが、ドラギ総裁は金融緩和の正常化に慎重な見方を示したことでユーロが対ドルで下落した。ドルが主要通貨に対して強含んだことや、米国株が堅調推移となったことで金は売りが優勢となった。

 

★米国債券市場は続落:ロシアゲートの警戒感が和らぎ売り優勢

米国債券市場で長期ゾーンは続落(利回りは上昇)した。米10年物国債利回りは前日比0.02%高い(価格は下落)2.19%で終了した。コミー前FBI長官の公聴会に対する警戒感が和らぐなか、債券売りが進み一時2.21%まで上昇した。ただ、公聴会が終了すると材料出尽くしとなり持ち高調整の買い戻しが入った。

カテゴリー: 朝の市場コメント

朝の市場コメント!

2017/06/08/08:18:54

★米国株式市場は反発:イベントリスクの後退から買い優勢

NYダウは37.46ドル高の21173.69、ナスダックは22.32ポイント高の6297.38で取引を終了した。ECBが8日開催の定例理事会でインフレ見通しを引き下げるとの観測が強まり買いが先行した。米上院特別情報委員会がコミー前FBI長官の冒頭証言原稿を明らかにし、内容が事前報道の範囲内であるとの見方から買い安心感が広がった。ただ、原油価格が急落したことから上値も限定的だった。VIX指数は10.45から10.39へ低下した。

 

★NY外国為替市場:重要イベント前に値動きの荒い展開

欧州時間に一時109.06円まで下落したが、米長期金利が上昇すると109.68円まで反発した。原油やガソリンの在庫が予想外の大幅増加となり、原油価格が急落するとカナダドル/円の下落につれ109.20円台まで失速した。ただ、米長期金利が一段と上昇したうえ、NYダウや日経先物が底堅く推移したため下値は限られた。米上院特別情報委員会がコミー氏の冒頭証言原稿として『トランプ米大統領は忠誠を要求し、フリン氏捜査の終了希望を述べた』と明らかにし、明日のコミー氏の証言に対する警戒感が和らぐと、ショートカバーの動きが活発化し109.88円まで買い上げられた。ユーロ/ドルは、『ECBは2019年までのインフレ見通しを引き下げる』との一部報道が伝わると急落した。その後、 『ECBはインフレ見通しを引き下げるが、変更はごくわずか』と伝わったことが後押しし、一時1.1282ドルまで買い上げられた。ただ、米長期金利の上昇が重しとなり1.122ドル台まで失速したが、再び1.1270ドルまで再浮上するなど荒い展開となった。

 

★NY原油先物市場は大幅反落:予想外の在庫増を嫌気

全米石油協会(API)の週間統計では、国内全体の原油在庫は462万バレル減少だった。しかし、米エネルギー情報局(EIA)の週報では、国内全体の原油在庫がよす尾に反して329.5万バレル増加、また、ガソリン在庫も予想外の332.4万バレル増加だったことで、売りが急速に強まった。ユーロ安・ドル高も相場の重しとなった。

 

★NY金・銀先物市場は反落:主要通貨に対してドル高を嫌気

NY金先物市場は、1296.90ドルから1291.20ドルまで下落した。米国の原油在庫が予想外の大幅増加となったことを受けて、NY原油価格が急落した際に金の買いにつながった。しかし、明日のECB定例理事会の開催において、インフレ見通しを引き下げる可能性があり、大規模な金融政策を堅持する方針を示すとの見方から、ユーロ安・ドル高となったことも割高感から売りが優勢となった。

 

★米国債券市場は反落:ポジション調整の売り優勢

米国債券市場で長期ゾーンは反落(利回りは上昇)した。米10年物国債利回りは前日比0.03%高い(価格は下落)2.17%で終了した。買い持ちポジションを解消する売りが広がった。コミー前FBI長官による公聴会での議会証言原稿が事前に伝わったことも売り材料となった。

カテゴリー: 朝の市場コメント

カテゴリー

カレンダー

6月 2022
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

ページの先頭へ