FITS エコノミックレポート

VIX指数と日米株価指数動向!

★VIX指数は、シカゴ・オプション取引所(CBOE)が開発した『ボラティリティ・インデックス』の略称である。S&P500を対象とするオプション取引の満期30日のインプライド・ボラティリティを元に算出・公表され、投資家心理を示す数値として利用されていて、『恐怖指数』という別名が付けられている。

今後30日間のS&P500の予想変動範囲を表現していて、予想変動範囲(%)=VIX/√12である。例えばVIX指数が18の場合は予想変動範囲が約5.2%である。ただし現実にはS&P500が下落する場合は上昇する傾向があり、VIXとS&P500のパフォーマンスは負の相関関係にある。

VIX指数は、平常時では10~20の範囲内で動き、相場の先行き不安た高まる時に数値は多く上昇する特徴がある。

 

VIX指数は2020年2月19日14.38%から上昇を始め、3月16日には82.69%まで上昇した。この間、2月19日高値S&P500は3,393.52ポイント、日経225は2月20日高値23,806.56円で推移していたがVIX指数の上昇に反してS&P500と日経225は失速した。日経225は3月19日安値16,358.19円、S&P500は3月23日安値2,191.86ポイントまで下落した。

 

その後はVIX指数が徐々に下落したことで、S&P500と日経225は戻り基調となった。ただ、6月11日に景気回復の遅れやウイルス感染第2波を警戒し売り先行で寄り付いた。テキサス州など比較的早期に経済活動を再開した地域でウイルス感染による入院患者数が増加傾向にあることが嫌気された。米連邦準備制度理事会(FRB)が景気に悲観的見通しを維持しており、V字型回復期待が大きく後退した。企業収益改善にも懸念が広がり引けにかけて下落幅を一段と拡大する展開となった。そのため、VIX指数は一時40.79%まで上昇した。しかし、徐々に下落基調となり6月30日終値では30.43まで下落してきている。

S&p500と日経225は6月11日に大きく下落した後は、高値圏でのもみ合いとなり戻りの鈍い展開となっている。

ただ、VIX指数は6月11日以降は下落基調となっていることから、S&P500と日経225も再び戻り基調となりやすい地合いとなっている。

ちなみに、6月30日のVIX指数は30.43%であることから、今後30日間のS&P500の予想変動範囲は30.43/√12≒8.784%である。

カテゴリー: ホットニュース

カテゴリー

カレンダー

7月 2020
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ページの先頭へ