FITS エコノミックレポート

NYダウは200日SMAは下回ったが260日SMAがサポート!

 

★NYダウは連日の大幅下落により200日SMA(紫線)を下回ったものの、260日SMA(茶線)24,792ドルがレジスタンスとして意識されている。この260日SMAは、1年365日から土曜日52日、日曜日52日、正月1日を差し引いた1年間の主要市場の営業日数となる。

それだけに、重要な節目となりやすい。

ストキャスティクス・スロー(パラメータ:14、3、3、20、80)は、%K:8.83、%D:20.61と売られ過ぎ過熱感が出ているものの、%Kと%Dがかい離幅を広げて両線とも下向きとなっている。そのため、%Dが%Kに近づいてくるまでは戻りの鈍い展開となりそうだ。

 

今晩の焦点では、欧米市場で260日SMAを維持して200日SMAの25,140ドルを回復するかが焦点となる。ただ、260日SMAを下抜けするようなら、6月28日安値の23,997ドルが視野に入ってくる。

カテゴリー: ホットニュース

カテゴリー

カレンダー

12月 2018
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

ページの先頭へ