FITS エコノミックレポート

5分足で分かるドル/円欧米市場動向 FOMC控え総じて様子見ムード!

★欧州市場朝方の取引では、株高を背景にリスク選好によるドル安地合いが継続、ドル/円の戻りも鈍く111.50円付近でもみ合い相場となった。なお、欧州株は概ね小幅高で取引を開始した。FOMCでは利上げ見通しを引き下げるとの見方があることから、ドル買いは進まず、後退気味となった。NYダウ先物が50ドル程度弱含み、米長期金利が2.58%台で推移したことで111.45円前後へじり安となった。その後、NYダウ先物の下げが一服したほか、米長期金利が上昇したことなどを支えにドルは切り返した。

 

3月全米ホームビルダー協会(NAHB)住宅指数が予想を下回ったものの、相場の反応は限定的となった。ロンドンフィキシングにかけて持ち込まれた円買いが下げを後押しした可能性があった。ただ、米国株が持ち直し、米長期金利が2.6%台を回復したことで、111.30円台では下げ渋った。

 

★欧米主要経済指標

・ユーロ圏・1月貿易収支:+150億ユーロ(12月:+170億ユーロ)

・米・3月NAHB住宅市場指数:62(予想:63、2月:62)

 

★欧米市場のポイント

・111.27-58円のレンジ相場

・英国のEU離脱を巡る不透明感が残る

・FOMCを控え総じて様子見ムード

・ロンドンフィキシング絡みの円買い

・VIX指数は12.88から13.10へ上昇

 

カテゴリー: ホットニュース

カテゴリー

カレンダー

12月 2019
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ページの先頭へ