FITS エコノミックレポート

5分足で分かるドル/円欧米市場動向 連日トランプ大統領発言で荒れ相場!

 

★欧州市場朝方の取引では、欧州株が下げ渋り、米長期金利も上昇となる中、リスク回避の動きが後退し、円売り戻しが優勢となった。通商摩擦や新興国通貨安などへの過度の警戒感は弱まり、ドルと円が売られる展開となった。ドル/円は円売りに振れた。なお、欧州株はほぼ全面安となった。その後も、トランプ大統領絡みの報道でショートにしていた筋が、米雇用統計前にドルの買い戻し急いだ。

 

8月米雇用統計で失業率こそ予想より弱い内容となったが、非農業部門雇用者数や平均時給は良好な結果だったことで発表後はドル買いで反応した。米長期金利の上昇とともに一時111.09円まで値を上げた。米国とその他各国との通商交渉への懸念が根強い中戻り売りも見られたが、比較的値持ちのいい動きとなった。ただ、トランプ大統領の『中国に対する追加関税2670億ドルを用意』との発言を受けて米中貿易摩擦の激化懸念が高まりドルが失速した。米雇用統計やトランプ米大統領の対中追加関税発言などを背景とした動きが落ち着くと111.10円近辺まで戻す展開となった。

 

★欧米市場のポイント

 ・110.59-111.24円のレンジ相場

 ・米8月雇用統計は良好な結果

 ・25-26日のFOMCでの利上げはほぼ確実

 ・トランプ大統領発言でドル失速

 ・米中貿易摩擦激化懸念高まる

カテゴリー: ホットニュース

カテゴリー

カレンダー

11月 2018
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ページの先頭へ