FITS エコノミックレポート

5分足で分かるドル/円欧米市場動向 米国株大幅下落でリスク回避の円買い!

 

★欧州市場序盤の取引では、欧州株が大幅安で推移、米長期金利も0.70%を割り込んだことを背景に、リスク回避の流れが持続した。世界的な株安や米長期金利の低下基調が続く中、ドルが再下落となり日中安値を更新した。欧州市場中盤の取引では、NY勢の本格参入を控え、米長期金利が下げ渋るに連れて、ドル売りの動きも一巡した。

 

NYダウ先物が一時900ドル超安まで下げ幅を広げる中、リスク回避ムードが強まりNY勢の参入後はドルの買い戻しが先行した。なお、米新規失業保険申請件数や5月米卸売物価指数(PPI)、同コア指数などは総じて強弱まちまの結果となった。新型コロナウイルス感染拡大により米経済活動の早期正常化に対する慎重な見方が浮上し、利益確定売りが優勢となりNYの下げ幅が1000ドル超となり、リスク回避の円買いが優勢となった。ドル売り一巡から小動きになったが、米株安を背景に上値の重い展開となった。米株が大幅に下落したことを背景に資産の現金化が進みドル買い戻しが入ったが、買い戻しも限定的となった。

 

★欧米主要経済指標

・米・5月生産者物価指数(PPI):前月比+0.4%(予想:+0.1%、4月:-1.3%)
・米・5月生産者物価コア指数:前月比-0.1%(予想:-0.1%、4月:-0.3%)
・米・5月生産者物価指数:前年比-0.8%(予想:-1.2%、4月:-1.2%)
・米・5月生産者物価コア指数:前年比+0.3%(予想:+0.4%、4月:+0.6%)
・米・先週分新規失業保険申請件数:154.2万件(予想:155.0万件、前回:189.7万件←187.7万件)
・米・失業保険継続受給者数:2092.9万人(予想:2000万人、前回:2126.8万人←2148.7万人)

 

★欧米市場のポイント

・ドル/円相場は106.54-107.13円のレンジ

・新型コロナウイルスの感染『第2波』や景気回復の遅れに懸念

・リスク回避による資産の現金化に伴うドル需要

・NYダウは一時1900ドル超下落し3月16日以来の大きさ

・リスク回避から米国債券買い強まり0.67%へ低下

・VIX指数は27.57から40.79へ急上昇

カテゴリー: ホットニュース

カテゴリー

カレンダー

9月 2020
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

ページの先頭へ