FITS エコノミックレポート

5分足で分かるドル/円欧米市場動向 狭いレンジ内での値動き!

 

★欧州市場朝方の取引では、世界的な株高を背景に、リスク選好のドル安・円安が持続した。なお、欧州株は全面高で取引を開始した。米中通商協議への期待など投資家のリスク選好が回復する中、ドル/円以外ではドル安の流れが持続した。欧州経済に大きな影響を及ぼす中国で、サービス業PMIの堅調な結果が確認されたことを市場の安心感を誘い、対ユーロでドル弱含みからドルの上値を抑えた。

 

米3月ADP雇用統計を受けて下落反応、111.50円台での上値の重さが露呈していた中、下値追いに勢いが出た。その後、米3月ISM非製造業指数が56.1と予想の58.0を下回ったことが分かると一時111.32円まで失速した。米国株や米長期金利の上昇に伴いドルの下押しも限定的だった。米長期金利の上昇が一服し、NYダウも小高い水準で推移するなど、手掛かり材料に乏しい中、111円半ばで動きが鈍い展開となった。米経済指標が冴えない結果となったが、米中通商協議への期待感で下値が堅い展開だった。

 

★欧米主要経済指標

・英・3月サービス業PMI:48.9(予想:50.9、2月:51.3)
・英・3月総合PMI:50.0(予想:51.1、2月:51.5)
・ユーロ圏・2月小売売上高:前月比+0.4%(予想:+0.3%、1月:+0.9%←+1.3%)

 

・米・3月ADP雇用統計:前月比+12.9万人(予想:+17.5万人、2月:+19.7万人←+18.3万人)
・米・3月ISM非製造業景況指数:56.1(予想:58.0、2月:59.7)
・米・3月サービス業PMI改定値:55.3(予想:54.8、速報値:54.8)
・米・3月総合PMI改定値:54.6(速報値:54.3)

 

★欧米市場のポイント

・111.32-56円のレンジ相場

・英国の『合意なき離脱』が回避されるとの思惑

・米中通商協議の進展期待でドル底堅い展開

・3月ADP全米雇用報告と3月ISM非製造業指数は弱い結果

・新規材料難から方向感を欠いた展開

・VIX指数は13.36から13.74へ上昇

カテゴリー: ホットニュース

カテゴリー

カレンダー

6月 2019
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ページの先頭へ