FITS エコノミックレポート

5分足で分かるドル/円欧米市場動向 日米通商交渉始まり様子見ムード!

 

★欧州市場朝方の取引では、先週末のリスク選好によるドル安地合いが持続した。なお、欧州株は概ね堅調に推移した。年初来高値112.14円前後に上値を抵抗されると全般的にドル安地合いに連れ、ドルがやや下押しとなったが、米長期金利が先週末を維持する中、下げ幅は限定的だった。欧州中盤の取引では、リスク選好のドル安地合いを維持した。欧州関連の経済指標の発表などがなく、材料難で全体的に小動きとなった。

 

米4月NY連銀製造業景況指数の発表を受けて、初期反応は小幅高の展開となった。NYダウ先物が2ドル安と小幅な調整下落となったほか、米長期金利も上げ渋りとなり、リスク選好の円安は一服した。一時112.08円付近まで買われ、東京時間に付けた日通し高値112.10円に迫ったものの、その後は上値の重さが目立った。日米通商交渉が行われていることで、米国の為替条項の要求など、今後のドル/円相場に影響を与える要素も強く、大きくリスクを傾ける動きにはならなかった。

 

★欧米主要経済指標

・米・4月NY連銀製造業景気指数:10.1(予想:8.0、3月:3.7)
・米・2月対米証券投資・長期有価証券(株式スワップ等除く):+519億ドル(1月:ネット長期有価証券-72億ドル)
・米・2月対米証券投資全体:-216億ドル(1月:-1437億ドル)

 

★欧米市場のポイント

・111.88-112.08円のレンジ相場

・英議会休会中で離脱問題報道も少なく小動き

・1月トルコ失業率が14.7%と約10年ぶりの水準に悪化

・OPECとロシアの増産観測から原油の上値抑える

・日米通商交渉開始で様子見ムード強く小動き

・ゴールドマン・サックスの決算がNYダウの下げ要因

・米国株の下落を受けて米長期金利低下

・VIX指数は12.01から12.32へ上昇

カテゴリー: ホットニュース

カテゴリー

カレンダー

9月 2019
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

ページの先頭へ