FITS エコノミックレポート

5分足で分かるドル/円欧米市場動向 全般ドル買戻しの展開!

 

★欧州市場朝方の取引では、週末のドル急落は一服となったもののドルの戻りは鈍く、ドル全面安の流れが持続した。しかし、ドルインデックス指数が反発したことを受け、全般的にドル買戻しが優勢となった。欧州中盤では、トランプ大統領のモーニング・ツイートを控え、ドル買い戻しの動きは一巡した。

 

米6月シカゴ連銀全米活動指数が市場予想を上回るなど、NY勢参入後にややドル買いが強まった。その後公表された米6月中古住宅販売件数は年率換算で538万件となり、市場予想の544万件程度を下回ったが、影響は限定的だった。米長期金利の上昇幅拡大を背景にしたドル買いが継続した。

 

米国がドル安政策に移行したとの思惑が後退した。トランプ大統領による米FRBの引き締め政策批判や、ドル高けん制発言に対し、ムニューシン米財務長官が大統領と同様にFRBの独立性を支持し、パウエル議長や金利に関する決定を支持すると大統領は明確に言及しているとした。また、長期的な強いドル政策を確認したことで、ドル買いが継続した。

米国株の持ち直しや米朝金利が2.95%近辺まで上昇したことを受け、ドルは確りとした展開となった。ただ、引けにかけては上値が重くなり111.30円台まで下げた。

 

★欧米市場のポイント

 ・110.91-111.54円のレンジ相場

 ・米4-6月GDPの強い成長期待から米長期金利上昇しドル買い

 ・ドル全面高の様相

 ・引けにかけてドル上値重い

 

カテゴリー: ホットニュース

カテゴリー

カレンダー

7月 2020
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ページの先頭へ