FITS エコノミックレポート

5分足で分かるドル/円欧米市場動向 リスク選好のドル売りで上値重い展開!

 

★欧州市場序盤の取引では、NYダウ先物が140ドル高に再上昇となったことを背景に、ドル/円は前日比小幅高水準で底堅く推移した。欧州市場では105.50円付近を維持し、底堅い値動きが続いた。欧米株高観測で、ドルはリスク先行の売りが先行した。一方で株高を好感した円売りにより円に対し下げづらい値動きとなった。欧州通貨の値動きが中心で、引き続きドル/円は蚊帳の外状態で105円台半ばでのレンジ相場となった。NYダウ先物と米長期金利の上昇でリスク選好の円売りが欧州通貨を押し上げ、ドル/円は追随した。

 

対オセアニア通貨を中心にドル高に傾いたことに一時105.75円付近まで上昇した。米国株高を背景にリスク選好のドル売りの動きが見られ、ドル/円の上昇を圧迫した。米長期金利が伸び悩んだほか、対欧州通貨のドル売りに押された。米国株は一段と上げ幅を拡大する動きとなったが、105.40円台前半までじり安推移となった。追加経済対策の協議期限となっており、協議の行方に注目が集まった。

 

★欧米主要経済指標

・米・9月住宅着工件数:141.5万戸(予想:146.5万戸、8月:138.8万戸←141.6万戸)
・米・9月住宅建設許可件数:155.3万戸(予想:152万戸、8月:147.6万戸)

 

★欧米市場のポイント

・ドル/円相場は105.39-74円のレンジ

・英国とEUの通商交渉の先行き不透明感からポンド売り先行

・追加経済対策を巡り大統領選挙前の合意の期限控えた警戒感

・新型コロナウイルスワクチン開発の期待からリスク選好

・9月米住宅着工件数は141.5万件と予想下回る

・9月米建設許可件数は155.3万件と予想上回る

・VIX指数は29.18から29.35へ上昇

カテゴリー: ホットニュース

カテゴリー

カレンダー

8月 2021
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ページの先頭へ