FITS エコノミックレポート

5分足で分かるドル/円欧米市場動向 ドルは徐々に上値切り下げ!

 

★欧州市場朝方の取引では、NYダウ先物が続伸、米長期金利も上昇となったことを背景に、リスク選好による円安の流れが継続した。その後、欧州勢の本格参入後はドルに目立った動意は見られず、ドル/円以外でドルは前週末比小幅安でドル軟調の流れが持続した。ドル/円の戻りも鈍く利益確定や戻り売り待ちで112.50円前後でドルが上げ渋る展開となった。欧州株は前週末高安まちまちだった。

 

前月分の米6月小売売上高が上方修正されたほか、NY連銀製造業景気指数が予想より強い結果となったこともあって一時112.43円近辺まで上げたが、再び売りに押されるなど戻りは限定的だった。米経済指標後のドル買いも112.40円台までとなり、その後はもみ合い相場となった。ドル売りの動きが強まるも、クロス/円買いの動きで下げも限定的となった。新規材料難の中、NY時間午後に入り次第に値動きが細った。

 

欧米市場のポイント

・112.22-52円のレンジ相場

・引けにかけて円高基調

・米経済指標は良好だったものの、反応は限定的

・米アトランタ連銀成長率推計値・GDPナウによる米4-6月期の成長率は年率4.6%増と前回の3.9%増から上方修正

カテゴリー: ホットニュース

カテゴリー

カレンダー

7月 2020
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ページの先頭へ