FITS エコノミックレポート

5分足で分かるドル/円欧米市場動向 ドルは右肩下がりのじり安基調!

 

★欧州市場朝方の取引では、FRBが早期の利下げを示唆したことを受けて、世界的に金融緩和が進むとの見方が強まる中、NYダウ先物が続伸、米長期金利は2.0%割れに続落、ドルは全面安となった。なお、欧州株は堅調に推移した。米長期金利が2.0%台に持ち直し、欧州株が総じて強含み、NYダウ先物も堅調地合いを維持したことで、ドルの買い戻しが優勢になった。米6月フィラデルフィア連銀製造業景気指数が0.3となり、市場予想の11.0を大幅に下回ると、一時107.54付近まで弱含んだが、再び指標発表前の107.67円近辺まで戻した。

 

米長期金利が1.97%台まで低下したことが相場の重石となったほか、米5月景気先行指標総合指数が市場予想を下回ったことが嫌気された。イランによる米国ドローン追撃を受けて、トランプ大統領が『イランは大きな間違いを犯した』と発言するなど、中東情勢による地政学リスクの高まりからドル売りが強まった。しかし、その後大統領は『イランの米国ドローン撃墜はおそらく個人的なミスだった可能性』を指摘したため、警戒感が後退した。米国株が上昇幅を縮小したことで再び重い展開となった。

 

★欧米主要経済指標

・英・5月小売売上高(自動車燃料含む):前月比-0.5%(予想:-0.5%、4月:-0.1%←0.0%)

・米・6月フィラデルフィア連銀製造業景況指数:0.3(予想:10.4、5月:16.6)
・米・先週分新規失業保険申請件数:21.6万件(予想:22.0万件、前回:22.2万件)
・米・失業保険継続受給者数:166.2万人(予想:168.0万人、前回:169.9万人←169.5万人)
・米・1-3月期経常収支:-1304億ドル(予想:-1243億ドル、10-12月期:-1439億ドル←-1344億ドル)
・米・5月景気先行指数:前月比0%(予想+0.1%、4月:+0.1%←+0.2%)

 

★欧米市場のポイント

・107.18-87円のレンジ相場

・欧州勢参入直後はドルショートカバーによる買戻しが優勢

・英中銀金融政策委員会では現状維持を決定

・米国経済指標は軒並み市場予想を下回る弱い結果

・米・イラン軍事衝突への警戒感から一時リスク回避の円買い

・VIX指数は14.33から14.75へ上昇

カテゴリー: ホットニュース

カテゴリー

カレンダー

7月 2020
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ページの先頭へ