FITS エコノミックレポート

5分足で分かるドル/円欧米市場動向 トランプ米大統領発言でドル失速!

 

★欧州市場朝方の取引では、ドル買いの動きが再開され、クロス円は再下落となった。なお、欧州株は概ね前日小幅安で推移した。

欧州株は高安まちまちの中、NYダウは下落していたが、米長期金利は2.89%台まで上昇したことでドルは底堅い展開となった。

米7月フィラデルフィア連銀製造業景気指数は25.7となり、市場予想21.5を上回り、米新規失業保険申請件数は20万7000件と予想22万件程度より強い結果となったことを受けドルが強含みとなった。前日の高値を上抜けて113.17円まで上昇した。1月9日高値113.18円を目前に伸び悩み、NYダウが140ドル超下落したことや、米長期金利も上昇幅を縮小すると、ややドル売りが強まった。NYカットのオプションが期限切れとなり重石は幾分軽くなったことでドルはやや持ち直しの動きとなった。

 

トランプ米大統領が『金利上昇はうれしくない』『ドル高は我々に不利益を与える』と発言すると円買い・ドル売りが活発化し、一時112.00円近辺まで下落した。しかし、米ホワイトハウスが『トランプ米大統領はFRBの独立性を尊重』『トランプ米大統領はFRBの決定に干渉しない』との声明を出すと112.50円付近まで反発した。

 

★欧米市場のポイント

・112.02-113.17円のレンジ相場

・米経済指標は良好な結果

・トランプ大統領の利上げとドル高けん制発言

・米ホワイトハウスによる否定声明

カテゴリー: ホットニュース

カテゴリー

カレンダー

7月 2020
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ページの先頭へ