FITS エコノミックレポート

5分足で分かるドル/円の欧米市場動向 様子見ムードながら113円台回復!

 

★欧州市場朝方の取引では、本邦実需筋のドル押し目買いに支えられて113.10前後にドルが反発した。なお欧州株式市場全般軟調に開始した後下げ渋る展開となった。欧州市場序盤の取引では、ポンド買い・ドル売り戻しが進行したことで、全般ドルが軟調推移となった。米株式・債券市場が休場となるため、様子見ムードが広がる中、ドル/円の下押しも一巡した。取引参加者が減少していることから、手掛けづらい状態が継続し、112.95円付近での小動きとなった。

 

NYダウ先物や日経先物の上昇を手掛かりに円売り・ドル買いが進行した。その後は、日経先物の上昇も一服し、材料難の中113円台前半で小動きな動きとなった。日本時間4時に発表された米地区連銀経済報告(ベージュブック)では『米経済活動は緩やかもしくは穏やかなペースで拡大』、『ダラス、フィラデルフィア地区では成長減速』、『関税は引き続き製造業の懸念』などが述べられたが、為替市場の反応は限定的だった。

 

★欧米主要経済指標

・ユーロ圏・10月小売売上高:前月比+0.3%(予想:+0.2%、9月:-0.5%←0.0%)

・ユーロ圏・11月サービス業PMI改定値:53.4(予想:53.1、速報値:53.1)
・ユーロ圏・11月総合PMI改定値:52.7(予想:52.4、10月:52.4)

・英・11月サービス業PMI:50.4(予想:52.5、10月:52.2)
・英・11月総合PMI:50.7(予想:52.1、10月:52.1)

・米地区連銀経済報告
「一部では関税や金利上昇、労働市場の逼迫が影響して不透明感が強まり、楽観が後退」
「半数を超える地区で、要件を満たした労働者の獲得・維持できず」
「雇用や生産、また時として生産能力の拡大が抑制された企業があった」
「大半の地区は雇用の伸びについて、緩慢ないし緩やかなペースの中でも遅い方に傾く」

 

★欧米市場のポイント

・112.92-113.24円のレンジ相場

・EU離脱協定案を巡り英議会が混迷

・イタリア政府は来週までに新たな予算案を提出

・欧州株式相場は全面安の展開

・米市場が休場となる中ポジション調整の円売り

・ベージュブック公表後の反応は限定的

カテゴリー: ホットニュース

カテゴリー

カレンダー

4月 2019
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

ページの先頭へ