FITS エコノミックレポート

金標準先物の日足では上下放れの準備段階!

 

★金標準先物のボリンジャーバンド(パラメータ:21、±1σ、±2σ、±3σ)日足では、急速にバンド幅が縮小するスクイーズしてきている。そして、バンド縮小の限界を迎えると、±3σが拡張するエクスパンションによって上下どちらかに放れる展開となる。

本日は雲のネジレにあり、トレンドの反転や加速など相場の節目になりやすい。また、21日SMA(黒線)を上抜けしてきており、さらに雲の上限を上抜け出来るかも注視される。

一方で、ストキャスティクス・スロー(パラメータ:14、5、3、20、80)は、%DがSlow%Dを下抜け両線とも下向きとなっていることで、下押しバイアスが強いことを示している。

現状では、上下どちらに抜けるか判断しにくい状況となっている。ただ、急速にバンドが縮小していることから、近日中に上下どちらかに放れる可能性がある。そのため、放れを確認してから順張り戦略が良さそうだ。

カテゴリー: ホットニュース

カテゴリー

カレンダー

5月 2021
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

ページの先頭へ