FITS エコノミックレポート

金標準先物のプラス3σの動きに注目!

 

★金標準先物のボリンジャーバンド(パラメータ:21、±1σ、±2σ、±3σ)の日足では、バンド幅が縮小するスクイーズから上下に放れる下押しのエクスパンションとなり下落基調を強めている。

±3σのバンド幅が外側に拡張する展開が続いている。

現在は9月25日安値6,269円が下値目処として意識され下げ止まる展開となっている。ただ、プラス3σが外側に拡張しているうちは、下落の勢いが強いことを示している。

ストキャスティクス・スロー(パラメータ:14、5、3、20、80)は、売られ過ぎ過熱感が出てきているが両線は下向きを維持している。

まとめると、9月25日の安値がサポートとして意識され一旦下げ止まる展開となっているが、プラス3σが横ばいから内向きになるまでは下落基調は継続しやすい。そのため、現時点での買いは時期尚早となる。一方で、プラス3σが内側に入るようなら、戻り地合いとなるので、そこからの売りは注意する必要がある。

カテゴリー: ホットニュース

カテゴリー

カレンダー

3月 2021
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ページの先頭へ