FITS エコノミックレポート

金標準先物では52週SMAがサポートとして意識!

 

★金標準先物の中期トレンドを示す週足では、13週SMA(赤線)の6,270円を下抜けしたものの、52週SMA(緑線)の6,112円がサポートとして意識され下げ止まる展開となっている。

11月20日週に26週SMA(青線)を下抜けしてからは、26週SMAと52週SMAのレンジ相場となっている。

ストキャスティクス・スロー(パラメータ:14、5、3、20、80)は、%DとSlow%Dの両線は上向きとなっており、中期的な戻り基調は継続している。

ただ、13週SMAは緩やかに低下基調となってきており、上向きの勢いは徐々に鈍化してきている。

日足では、200日SMAの攻防となっているが、中期的なトレンドではもみ合い相場の中に位置している。そのため、200日SMAを下抜けあと52週SMAを下抜けするようなら下落トレンドに反転した可能性が高まる。

カテゴリー: ホットニュース

カテゴリー

カレンダー

4月 2021
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ページの先頭へ