FITS エコノミックレポート

金標準先物では相場の大きな節目の攻防!

 

★金標準先物の日足では、20年11月30日安値5,900円を起点として21年1月18日安値6,055円を結んだトレンドライン(S1)と21年1月7日高値6,488円を起点として21年2月1日高値6,318円を結んだトレンドライン(R1)では、下値を切り上げ・上値を切り下げる三角持ち合いの様相となっていた。

そのS1をわずかに下抜けしてきている。

また、260日SMA(茶線)がサポートとして意識され、下落基調からの反転ポイントになってきた。

そのため、三角持ち合いの下放れと過去のサポートの下抜けするか攻防となっている。

ストキャスティクス・スロー(パラメータ:14、5、3、20、80)でも、%Dが下向きとなりSlow%Dをわずかに下抜けしてきている。そのため、徐々に下押しバイアスが強まってきた。

5日SMA(赤線)10日SMA(黄線)、25日SMA(青線)も下向きになっており、レジスタンスとして意識され、ロウソク足も上値・下値を切り下げる展開となっている。

下押しバイアスが強まるなか、S1と260日SMAのサポートに支えられている感が強い。

現状は重要な相場の節目にあることから、取引のチャンスを見極めるポイントである。

 

カテゴリー: ホットニュース

カテゴリー

カレンダー

5月 2021
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

ページの先頭へ