FITS エコノミックレポート

豪ドル/円は25日線が鬼門!

 

★豪ドル/円の日足では、戻り基調が継続しているが25日線(青線)がレジスタンスとして機能しており、上値を抑える可能性が高い。

7月27-8月9日では25日線を一旦下回ったあと25日線でもみ合い後下落基調となった。また、8月24-8月30日でも25日線がレジスタンスとなりその後下落基調となっている。現在25日線は80.45円に位置しており、下向きとなっていることから上値の重石となりやすい。

一方で、ストキャスティクス・スロー(パラメータ:14、3、3、20、80)は売られ過ぎまで下落した後、%Kと%Dが上向きとなり戻り基調となってきている。

 

7月19日と8月29日の高値を結んだトレンドラインもレジスタンスとして意識されている。そのため、本格的な戻りにはトレンドライン上抜きすることが重要なポイントとなる。

カテゴリー: ホットニュース

カテゴリー

カレンダー

9月 2018
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ページの先頭へ