FITS エコノミックレポート

豪ドル/円は変動パターンに戻る!

 

★豪ドル/円の日足では、3月以降は大陽線発生後に上値が重くなり84円台をピークとして下落基調となるパターンが続いている。今回も6月6日に大陽線が出た後に上値が重くなり下落基調となった。しかし、今回は75日線(緑線)がサポートとした後、一旦戻り基調となったことからパターンが崩れたかと思ったが、その後はパターンに戻ってきている。75日線82.65円を下抜けしたことで、下値模索の動きとなりやすい。

下値では、3月26日安値80.49円、5月8-9日安値81.11円、5月30日安値81.00円が目安となる。

 

ストキャスティクス・スロー(パラメータ:14、3、3、20、80)では、%K:54.11、%D64.94 と過熱感は出ていない。また、%Kと%Dがかい離幅を広げながら両線とも下向きを維持していることから、下落基調が継続している。

 

現在82円台半ば前後での値動きとなっているが、まだ底値に到達したような兆候は見られない。そのため、戻り売り目線で見ていきたい。豪州は中国の景気の影響を受けやすいが、昨日発表された5月中国経済指標が悪化していたことや、米中貿易摩擦が悪化傾向にあることから、豪ドルは売られやすい状況となっている。パターン的には、81.00円近辺まで下落するようなら、反転のシグナルを探っていきたい場面である。

カテゴリー: ホットニュース

カテゴリー

カレンダー

8月 2018
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ページの先頭へ