FITS エコノミックレポート

白金標準先物の週足では三角持ち合い上放れ!

 

★白金標準先物の中期トレンドを示す週足では、1月17日週高値3,679円を起点として2月21日週高値3,617円を結んだトレンドライン(R1)を引く。また、3月20日週安値1,843円を起点として11月6日週安値2,829円を結んだトレンドライン(S1)と3月27日週安値2,067円を起点として9月25日週安値2,816円を結んだトレンドライン(S2)を引く。

トレンドラインR1とS1、S2では上値を切り下げ・下値を切り上げる三角持ち合いの様相になっている。そのR1を上抜けしてきたことで、三角持ち合いの上放れてきた。

移動平均線でも13週SMA(赤線)26週SMA(青線)52週SMA(緑線)を上抜け、さらに200週SMA(紫線)をも上抜けしてきたことで、上昇基調が継続している。

ストキャスティクス・スロー(パラメータ:14、5、3、20、80)でも、%DとSlow%Dがかい離幅を広げながら両線とも上向きとなっており、上昇の勢いが強いことを示している。

上値目処では、8月7日週高値3,390円が意識される。上抜けすると2月21日週高値3,617円、1月17日週高値3,679円が上値目処として意識される。

カテゴリー: ホットニュース

カテゴリー

カレンダー

3月 2021
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ページの先頭へ