FITS エコノミックレポート

東京金60分足では雲を挟んでもみ合い相場!

 

★6月11日以降の東京金60分足では、一目均衡表の雲を挟んでもみ合い相場が続いている。引けにかけて下押ししたが、雲の下限がサポートとして意識され下げ止まる展開となっている。寄り付き後に雲のネジレがあることから、トレンドの反転や加速など相場の節目になりやすい。60分足では、徐々に上値を切り下げ・下値を切り上げる三角持ち合いの様相となっており、上下に振れやすい状況となっている。

 

NY金先物市場は1717.30-1739.30ドルのレンジ相場となった。新型コロナ感染の第2波への警戒感と、経済活動の再開による景気回復への期待感が交錯する中、値動きは限られた。17日のアジア市場で1739.30ドルまで買われたが、利食い売りが観測されており、上げ渋った。ロンドン市場で一時1717.30ドルまで下げた。ニューヨーク市場では、株安などを意識した買いが入ったことで下げ幅は縮小したが、1739ドル近辺で伸び悩む状態が続いた。

 

価格帯別出来高では、5,950円前後を挟んで出来高が多い状態となっている。そのため、上下に放れると手仕舞い売買が交錯して大きな動きになりやすい。

 

MACD(パラメータ:12、26、9)は、ゼロラインを挟んで横ばいとなっており、トレンドレス状態となっている。一方、ストキャスティクス・スロー(パラメータ:14、3、3、20、80)は、%DがSlow%Dを下抜けてきたことから、下押しバイアスが強まっていることを示している。

 

東京金の日足では、25日SMAの5,979円が上値を抑える展開が続いており、上値の重さが意識される。5日SMAと10日SMAも25日SMAとほぼ同値近辺で横ばいとなっていることから、短中期の売買が集中してきていることを示している。そのため、一旦動き出すと多いな動きにつながりやすい。NY金先物市場でも1,700ドル台前半でもみ合い展開となっており、同様に動きだすと大きな動きになりやすい。為替市場では、ドル/円はじり安となっており、107円台を挟む展開となっている。そのため、東京金の上値を重くしている。

本日の注目点も小幅のもみ合い相場が継続していることから、徐々に上下に放れるマグマが溜まってきている。上下どちらに放れるかが焦点となる。

カテゴリー: ホットニュース

カテゴリー

カレンダー

9月 2020
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

ページの先頭へ