FITS エコノミックレポート

東京金60分足では出来高の多い価格帯で下げ止まる!

 

★10月4日以降の東京金60分足では、雲の上限を下抜けしたものの、72時間SMA(青線)120時間SMA(赤線)がサポートとして意識され下げ止まる展開となった。直近安値からのトレンドライン(S1)を下抜けしたことで、一旦の下落調整場面となっている。雲のネジレ近辺が高値となり、その後は下落基調になっていることでネジレが相場の節目となった。

 

NY金先物市場は1495.70-1522.30ドルのレンジ相場となった。閣僚級の米中通商協議がこの日に再開した。トランプ米大統領が11日に劉・中国副首相と会談すると明らかにしたことも米中協議への期待感を強め、投資家のリスクオフムードが後退し、金は売りが優勢となった。 

 

価格帯別出来高では、出来高の多い価格帯で下げ止まる展開となっている。この価格帯を下抜けると、手仕舞い売りが強まる可能性あるので注意が必要となる。

 

MACD(パラメータ:12、26、9)は、MACDがシグナルとデッドクロスしてゼロラインを下抜けしたことで、下落基調が継続している。また、ストキャスティクス・スロー(パラメータ:14、3、3、20、80)も、低位で%DがSlow%Dを下抜けており、短期的な下落調整が続いている。

 

東京金日足では、25日SMAの5,182円をじわりと下抜けしてきたものの、5日SMAの5,169円がサポートとして意識され下支えされている。下値では10日SMAの5,152円もサポートとして意識されやすい。NY金は、米中通商協議の進展期待が高まったことで、リスク回避の動きが後退して心理的な節目となる1,500ドルを下抜ける展開となっている。ただ、トランプ大統領だけに、またいつ『ちゃぶ台返し』となるか分からない状態は続く。為替市場では、リスク選好の円売りが強まり円安基調となったものの、108円台では戻りの円買いも根強く上値の重い展開となっている。

本日の注目点は、25日SMAを再び上抜けするのか、それとも5日SMAと10日SMAを下抜けするのかが焦点となる。

カテゴリー: ホットニュース

カテゴリー

カレンダー

10月 2019
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ページの先頭へ