FITS エコノミックレポート

東京金は上ヒゲロウソク足がキーポイント!

 

★2013年2月高値5,081円を起点として2015年1月高値4,958円を結んだトレンドライン(R1)は上値を切り下げる展開となっていた。また、2013年6月安値3,750円を起点として2016年1月安値4,046円を結んだトレンドライン(S1)は下値を切り上げる展開となっていた。

所謂三角持合いの様相が明確となっていた。

その上限のR1を6月に上抜け、7-8月も引き続き上昇基調となっていることから、明確に上放れしたことになる。

RSI(パラメータ:14)は72.94%とやや過熱感は出てきているものの、RSIは上向きを維持しており、上向きバイアスが強いことを示している。そのため、上昇基調が継続していることを示している。

ロウソク足でも、上値・下値を切り上げ上昇基調が継続しており、トレンドを維持している。

東京金の長期トレンドの特徴は、下落する前に上ヒゲの長いロウソク足となりやすい。そのため、陰線でも陽線でも上ヒゲの長いロウソク足になったら翌月は下落調整しやすいサインとなる。

カテゴリー: ホットニュース

カテゴリー

カレンダー

9月 2020
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

ページの先頭へ