FITS エコノミックレポート

東京金の12・26EMAとMACD分析!

 

★東京金の日足では、12日EMA(指数平滑線:赤線)が上値を抑える一方で、26日EMA(青線)が下値支持する展開となっている。

MACD(パラメータ:12、26、9)では、ゼロラインの上方でMACDがシグナルをした抜けるデッドクロスしており、下落基調が継続している。

MACDはもともと12EMAと26EMAのかい離幅(12日EMA-26日EMA)とそのMACDのEMAによって作成されている。

ただ、これまでの上昇基調では、12日EMAが26EMAを上回っており、ロウソク足も12日EMAと26日EMAがサポートラインとなり上昇してきた。

現状は、26日EMAが下値のサポートラインとなる一方で、12EMAがレジスタンスとなり上値抑えている。そのため、下落基調入りとはなってはいない。今後12日EMAを上抜けして再び上昇基調に戻るのか、それとも26日EMAを下抜けしてMACDが示しているように下落基調となるかの節目にある。

カテゴリー: ホットニュース

カテゴリー

カレンダー

9月 2019
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

ページの先頭へ