FITS エコノミックレポート

東京金の日足トレンドの勢いをMACDで探る!

 

★東京金の日足では、上昇トレンドが継続しており昨日から勢いが強まった。

MACD(パラメータ:12、26、9)は、トレンドをはかる場合に分かりやすい指標のひとつである。短期の移動平均線と長期の移動平均線のかい離の拡大・縮小はトレンドの勢いの増加・減少を示すことになる。

また、MACDのパラメータと同様の12日EMA(赤線)26日EMA(青線)をチャート上に描写するとより勢いの状況が分かりやすい。

現在MACDは、ゼロラインの上方に位置していることで12日SMAと26日SAMがゴールデンクロスしていることを示している。そのうえMACDとシグナルのかい離が拡大してきていることから、上昇の勢い強いことを示している。

12日EMAと26日EMAのかい離が拡大していることからも確認できる。

まとめると、現状は12日EMAの上方に位置しており、MACDとシグナルもかい離幅を広げながら上昇していることから、投資判断は『買い』または『継続』となる。一方、投資判断を変更するシグナルとしては、12日EMAの勢いが鈍化して傾斜が滑らかになり、MACDも横ばいになると上昇の勢いが鈍化してきたことになる。さらに、12日EMAを下抜けするような動きになるような動きになれば、トレンド転換が確認される。

現状は勢いそのままに上昇基調を持続している。

カテゴリー: ホットニュース

カテゴリー

カレンダー

7月 2020
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ページの先頭へ