FITS エコノミックレポート

東京金の日足では徐々に三角持ち合いの様相に!

 

★東京金の日足では、9月5日高値5,304円を起点として9月25日高値5,274円を結んだトレンドライン(R1)は上値を切り下げる展開なっている。また、10月2日安値5,071円を起点として10月8日安値5,125円と結んだトレンドライン(S1)は下値を切り上げる展開となっている。そのため、徐々に上値を切り下げ・下値を切り上げる動きとなっており、徐々に三角持合いの動きとなってきた。

昨日は25日SMA(青線)5,182円を回復したことで戻り基調が継続するとの期待が膨らんだものの、再び下抜けしてきた。ただ、トレンドラインのS15日SMA(赤線)5,171円10日SMA(黄線)5,152円がサポートとして意識され下げ止まっている。

ストキャスティクス・スロー(パラメータ:14、5、3、20、80)は%Dが%Slow%Dを上抜け両線とも上向きを維持しているので、上昇基調は継続している。しかし、%Dの上昇の勢いは鈍化傾向にある。

 

まとめると、昨日は下落調整となったが、サポートラインに支えられており上昇基調は継続している。ただし、三角持合いの様相となっていることから、徐々に上下に大きく放れるリスクが高まってきている。このままの状態であれば、来週中には上下どちらかに放れる可能性がある。現在は相場の節目にあるので、投資判断は『様子見』としたい。ただし、上下に放れた際は順張りで相場トレンド方向についていく戦略となる。

カテゴリー: ホットニュース

カテゴリー

カレンダー

10月 2019
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ページの先頭へ