FITS エコノミックレポート

東京金の日足ではエクスパンション継続!

 

★東京金のボリンジャーバンド(パラメータ:21、±1σ、±2σ、±3σ)の日足では、±3σが拡張するエクスパンションが継続しているため、上昇基調は継続している。マイナス3σが拡張しているうちは、基調が強いことを示している。基調に鈍化傾向が現れると、マイナス3σが横ばいから内側に向いてくる。それは、上昇の勢いが減速したことになり反落の最初のシグナルとなりやすい。その後、プラス3σが横ばいから内側に向いてきて反転を確認することになる。

ただ、現在一目均衡表の雲の上限がレジスタンスとして意識されており、上値を抑えている。一方で、プラス2σがサポートラインとして意識され下げ止まる展開となっている。このままの値位置を維持するようなら、来週以降雲の上限が低下傾向にあることから、雲の上限を上抜けすることが出来る。

ストキャスティクス・スロー(パラメータ:14、5、3、20、80)は、高水準で横ばいとなっている。モメンタム系のオシレータは、トレンド発生時にはこのように高水準に張りつきオシレータの機能が鈍化しやすい。

 

現在はマイナス3σが拡張していることもあり、上昇基調は継続している。シナリオ見直しのシグナルとして、プラス2σを下抜けマイナス3σが内側に入ってきたら、反転の兆しとなりやすいので注意が必要となる。

カテゴリー: ホットニュース

カテゴリー

カレンダー

6月 2019
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ページの先頭へ