FITS エコノミックレポート

東京金の中期トレンドは上昇基調を継続!

★東京金の中期トレンドを示す週足では、上から13週SMA(赤線)26週SMA(青線)52週SMA(緑線)200週SMA(紫線)の順番になっており、全SMAが緩やかに上向きとなっていることで、典型的な上昇トレンドが継続していることを示している。

1月10日週では上ヒゲ陽線となり上値の重さが示されたが、その後はじり高の展開が続いていることで底堅い展開となっている。

ストキャスティクス・スロー(パラメータ:14、5、3、20、80)は、%D:89.03、Slow%D:85.73とやや過熱感が出てきたが、両線とも上向きを維持している。そのため、上昇の勢いが継続している。

まとめると、現在の投資判断は『買い』または『保有継続』となる。今週のロウソク足もほとんど上ヒゲのないロウソク足となっており、強い相場が継続していることを示している。そのため、押した場合は日足などの動きを見ながら押し目買い戦略となる。投資判断を変更する動きとしては、ストキャスティクスで%DがSlow%Dを明確に下抜けするような動きとなり、13週SMAを下抜けするようなら調整場面となる。

カテゴリー: ホットニュース

カテゴリー

カレンダー

2月 2020
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

ページの先頭へ