FITS エコノミックレポート

東京白金は長期トレンドの節目!

 

★東京白金の長期トレンドを示す月足では、12ヵ月SMA(赤線)3,051円24ヵ月SMA(青線)の2,996円がレジスタンスとして意識され、一旦上値が重くなる展開となっている。

心理的な節目となる3,000円近辺で足踏みしているのは、これらのレジスタンス意識されていることにある。

ストキャスティクス・スロー(パラメータ:14、5、3、20、80)では、%DがSlow%Dに接近してきており、下落の勢いは鈍化傾向となっている。そのため、12ヵ月SMAと24ヵ月SMAを上抜けできると、ストキャスティクスでも好転しやすい。

東京白金の長期トレンドの特徴では、240ヵ月SMA(茶線)が重要な抵抗体となっている。12ヵ月SMAと24ヵ月SMAを上抜け出来ても、240ヵ月SMAの3,603円がレジスタンスとして意識される。

現在、東京白金長期トレンドにおける相場の節目にあり、まずは12ヵ月SMAと24ヵ月SMAを上抜け出来るのか、それとも上値を抑えられ戻り一服から下値模索の展開になるかが注視される。長期トレンドの中の節目だけに、非常に重要なポイントとなる。

カテゴリー: ホットニュース

カテゴリー

カレンダー

9月 2020
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

ページの先頭へ