FITS エコノミックレポート

日経225は25日SMA下抜けで市場に変化の兆し!

 

★日経225の日足では、4月7日に25日SMA(青線)を上抜けして以降はサポートラインとして意識されていた。しかし、本日25日SMAの22,362円を下抜けしたことで、相場の変化の兆しが出ている。早々に回復出来れば問題はないが、5日SMA(赤線)22,407円10日SMA(黄線)22,435円もレジスタンスとして意識される。

下値では200日SAM(紫線)の21,850円260日SMA(茶線)21,685円がサポートラインとして意識される。

 

ストキャスティクス・スロー(パラメータ:14、5、3、20、80)は、横ばいから%DがSlow%Dをわずかに下抜けしてきており、下押しバイアスが強まる兆しとなっている。

今までは25日SMAの上での相場展開となっていたが、下抜けしたことで相場に変化の兆しが出てきた感がある。そのため、早々に上値のレジスタンスを回復出来るかが焦点となる。また、下値では200日SMAと260日SMAが位置しており、重要なサポートラインとして意識される。そのため、下抜けすると相場への下押しバイアスが強まる可能性もある。

カテゴリー: ホットニュース

カテゴリー

カレンダー

9月 2020
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

ページの先頭へ