FITS エコノミックレポート

日経225はコンバージェンスからの戻り基調!

 

★日経225の日足では、ストキャスティクス・スロー(パラメータ:14、5、3、20、80)で5月14日に付けた安値を6月4日に下回っていたにも関わらず、ストキャスティクスでは下値を切り上げとなるコンバージェンスとなる戻り基調が継続している。また、現在%DがSlow%Dを上抜け、かい離幅を広げながら両線とも上向きとなっていることで、上向きバイアスが強いことを示している。

 

6月4日の安値20,289円が底値となり、5日SMA(赤線)10日SMA(黄線)25日SMA(青線)がサポートラインとなりつつ戻り基調が継続している。また、5日SMAが10日SMAを上抜けるゴールデンクロスとなり、短期的には上昇基調が継続している。

 

25日SMAがサポートとなると、100日SMA(黒線)21,261円75日SMA(緑線)21,454円が視界に入ってくる。特に75日SMAは戻り目処として意識されやすい。

一方で、25日SMAを下抜けると5日SMAの20,941円が下値目処となりやすい。ただ、上値・下値を切り下げる展開となり、上値の重さが嫌気され6月4日安値20,289円を下回る展開となりやすい。

 

カテゴリー: ホットニュース

カテゴリー

カレンダー

8月 2020
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

ページの先頭へ