FITS エコノミックレポート

日経225の200週線SMAかい離率が示すシグナル!

 

★日経225の中期トレンドを示す週足では、200週SMA(紫線)が抵抗体として相場の転換を示す重要な指針となっている。

現在は、上向きの200週SMAの上方に位置しており、上昇基調が強いことを示している。

この200週SMAとのかい離幅は現在35.71%になっている。

2000年以降での200週SMAとのかい離幅では、かい離率50%を超えると調整的な動きになりやすいのが特徴になっている。

今後も日経225が強い基調が継続するようなら、ひとつの目安として200週SMAの50%が節目になりやすい。また、下落調整となった場合は、200週SMAが下値目処として意識される。

現在の200週SMAの22,225.55円からのかい離率50%は『33,338.33円』となり、要警戒価格となる。

カテゴリー: ホットニュース

カテゴリー

カレンダー

5月 2021
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

ページの先頭へ