FITS エコノミックレポート

日経225の週足では52週SMAが鬼門!

 

★日経225の日足では、200日SMAの21,917円がレジスタンスとして意識されている。それでは中期的なトレンドを示す週足ではどうであろうか?と見ると52週SMA(緑線)21,968円が上値を抑えるレジスタンスとして意識されている。

この52週SMAは過去においてサポートラインになったり、レジスタンスになったりと重要な抵抗帯となっている。

13週SMAはにわかに上向きとなってきており、26週SMAに接近していることから上昇基調は継続している。

また、ストキャスティクス・スロー(パラメータ:14、5、3、20、80)は、%K:79.38、%D:75.60と過熱感なく両線とも上向きとなっており、上昇基調は維持している。

中期的トレンドでも戻り基調を継続しているものの、52週SMAに阻まれ足踏み状態となっている。13週SMAが上向きとなっていることから、26週SMAを上抜けるとゴールデンクロスとなり、52週SMA上抜けに期待が強まる。

日足では200日SMA、週足では52週SMAを注視していく必要がある。

カテゴリー: ホットニュース

カテゴリー

カレンダー

7月 2020
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ページの先頭へ