FITS エコノミックレポート

日経225の月足のネックラインを意識!

 

★日経225の月足ではダブルトップのネックラインとなる2018年3月安値20,347円が意識されている。本日一時このラインを下回る20,282円まで下げる展開となったが、引けにかけてわずかに上回って終了した。

テクニカル的には、ダブルトップや三尊天井のネックラインを下回ると、高値からネックラインの値幅と同額ネックラインから下落するとされている。ダブルトップの高値とネックラインの値幅は4,100.58円となることから、ネックラインから同額下落すると16,246.91円となる。

テクニカル的には相当下落することになるが、ここで重要なことはPBR(1株当たり純資産)である。前日の株価とPBRから逆算すると、解散価値となるPBR1倍前後の株価指数は19400-500円処となる。

そのため、下押しした際には、理論上のPBR1倍前後で下げ止まる可能性が高い。

カテゴリー: ホットニュース

カテゴリー

カレンダー

9月 2020
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

ページの先頭へ