FITS エコノミックレポート

日経225の日足では5日SMAを下抜け!

 

★日経225の日足では、5日SMA(赤線)の22,946円がサポートラインとして意識されながら、上昇基調が継続してきた。しかし、本日の下落で5日SMAは緩やかに下向きとなった。さらに、10日SMA(黄線)の22,631円を下抜けしてきたことで、短期的な上昇基調は一服傾向となっている。そのため、明日も下落基調が継続すると下押しバイアスが強まる可能性が高まる。

ストキャスティクス・スロー(パラメータ:14、5、3、20、80)は、高水準で横ばいとなり過熱感が出ていることから、何時下落調整しても不思議ではない状態となっている。%D:93.35がSlow%D:95.49を下抜けしてきていることで、徐々に下押しバイアスが強まってきていることを示している。

下値目処としては、3月19日安値16,358.19円と5月15日安値19,832.88円を結んだトレンドライン(S1)200日SMA(紫線)21,741円260日SMA(茶線)21,622円が下値目処として意識される。

注意点は、押し目らしい押し目もなく戻り基調が継続してきたことから、押し目待ちの投資家による買いも入りやすい。そのため、これからの数日間の値動きがポイントとなりそうだ。明日のメジャーSQよりも、SQ明けの来週月曜日の動きが重要なポイントとなりやすい。

カテゴリー: ホットニュース

カテゴリー

カレンダー

9月 2020
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

ページの先頭へ