FITS エコノミックレポート

日経225の中期トレンドは上昇基調を維持!

 

★日経225の中期トレンドを示す週足では、過熱感は出てきているものの、現状では上昇基調を維持している。

日経225は200週SMA(紫線)がサポートラインとして意識され、下落調整局面でも200週SMA前後で反転する相場展開が続いていた。

3月13日週に明確に200週SMAを下抜ける展開となり、上昇トレンドから一時下落基調に反転する展開となった。しかし、5月29日週に再び200週SMAを上抜けしたことで、上昇基調は継続していることになる。さらに、早々に200SMAを回復したことで、緩やかに上向きを維持している。

下向きの26週SMA(青線)や緩やかに上向きとなっている52週SMA(緑線を上抜けしており、強い地合いは維持している。また、200SMAの下から13週SMA(赤線)が上向きで上昇してきていることも相場を支えていることを示している。

まとめると、短期的にはもみ合いながらも上値の重い展開となっているが、中期的には上昇トレンドは継続している。そのため、下押しする場面では押し目買いが入りやすい展開となっている。現状では、売り目線で逆張りするよりも、押し目買いの買い目線での戦略が良さそうだ。200週SMAを下抜けるような展開になったら、戻り売り目線に転換する。

カテゴリー: ホットニュース

カテゴリー

カレンダー

9月 2020
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

ページの先頭へ