FITS エコノミックレポート

日米金利差縮小でドルの上値も重い展開か!

 

★米FOMCのハト派を受けて米長・短期金利が低下したことにより、ドル/円の上値が重くなったような印象を受ける。しかし、実際は3月1日が日米金利差のピークとなり、その後はジリジリと日米金利差は縮小していることが分かる。

そのため、ドル/円も3月5日の111.85円がピークとなり日米金利差の縮小とともに下落基調となっている。

2年債金利差は3月20日に2.557%まで縮小した後、21日には2.578%へ拡大している。また、10年債金利差は20日に2.573%まで低下し、21日は横ばいとなっている。

1月3日には、2年債金利差は2.522%、10年金利差は2.557%が直近のボトムとなった。

今後も日米金利差が縮小してくるようなら、ドル/円の上値を抑える可能性が強い。

カテゴリー: ホットニュース

カテゴリー

カレンダー

12月 2019
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ページの先頭へ