FITS エコノミックレポート

投機筋のユーロ持高推移とユーロ/ドル相場!

 

★2015年1月6日週以降のCFTCの対ドルでのユーロの投機ネットでは、ユーロ買持残高が増加するとユーロ高・ドル安となりやすく、反対にユーロ売持残高が増加するとユーロ安・ドル高となりやすい。

2016年11月1日週からユーロ買持残高が膨らむと同時にユーロ高・ドル安が進行した。そして、2018年1月9日週から2018年4月17日週まで買持残高が高止まりしたあと、4月17日週の151,476枚がピークとなりユーロ買持残高の手仕舞いと共にユーロ売りが強まった。

2020年2月25日週の売持残高-114,021枚がボトムとなり、その後は一転してユーロの買持残高膨らみ直近6月16日付けでは117,132枚まで増加してきた。増加傾向が強いことから、しばらくはユーロ高・ドル安が継続する可能性が高い。

ただ、過去のポジションから140,000∸150,000枚程度が買持残高ポジションのピークとなりやすいことから、そろそろ天井が見えてきた可能性がある。

ただ、今回はユーロの買持残高が膨らんだ割には、ユーロ/ドルの戻りも鈍い展開となっている。

 

カテゴリー: ホットニュース

カテゴリー

カレンダー

9月 2020
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

ページの先頭へ