FITS エコノミックレポート

南アランド/円サポートを維持出来るか注目!

 

★南アランド/円の日足では、昨日上値トライとなる動きとなったものの、250日SMA(単純移動平均線:紫線)がレジスタンスとなり長い上ヒゲを付けて押し戻される展開となった。

その後は下向きの5日EMA(指数平滑線:赤線)6.3923円、10日EMA(黒線)6.4003円20日EMA(青線)6.3871円がレジスタンスとなり下押しする展開となっている。

一方で、50日SMA(緑線の6.3452円200日SMA(茶線)6.3555円がサポートとしてい意識され、下支え出来るかが注視される。

下抜けした場合でも、100日SMA(灰線)の6.2964円と8月10日安値5.9586円を起点として9月24日安値6.1156円を結んだトレンドライン(S1)を維持出来る限り戻り基調は維持される。

ただ、ストキャスティクス・スロー(パラメータ:14、5、3、20、80)は、%DがSlow%Dを下抜けかい離幅を広げて下向きとなっていることで、下押しバイアスが強いことを示している。

まとめると、昨日250日SMAがレジスタンスとして押し戻されると、一転して弱気基調となった。しかし、現状では上昇トレンドは維持していることから押し目買い目線で見ていきたい。ただし、S1を下抜けするようなら、下値模索の動きになりやすいので注意が必要となる。

 

カテゴリー: ホットニュース

カテゴリー

カレンダー

3月 2021
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ページの先頭へ