FITS エコノミックレポート

南アランド/円はTレートでは下落基調の兆し!

 

★南アランド/円では、戻り基調を継続していたが、ロウソク足がTレート(赤線:8日指数平滑線)を下抜けたほか、Tレートが20日単純移動平均線(青線)を下抜けしてきたことで下落基調の兆しとなっている。

 

ロウソク足がTレートを下抜けると売り、上抜けると買いを示す手法である。ただ、それだけではダマシも多いことから、20日線を加える。Tレートが20日線の上に位置しているなら買い目線、Tレートが20日線の下に位置しているなら売り目線となる。また、Tレートと20日線がゴールデンクロス又はデッドクロスした位置が売買のシグナルとなる。

Tレートや20日線の方向も重要な売買の要因となる。

 

現在ランド/円は、Tレートを下抜けていることや、Tレートが20日線を下抜けるデッドクロスしてきている。また、Tレートが下向きとなていることで下落基調の兆しが出ている。

 

また、ストキャスティクス・スロー(パラメータ:14、3、3、20、80)は、%Kが%Dを下抜け過熱感なく両線とも下向きとなっている。また、ゆっくりしたトレンドを示すストキャスティクス・スロー(パラメータ:42、3、3、20、80)もわずかに%Kが%Dを下抜けし始めてきた。

 

これらのことから、ランド/円は下落基調入りとなってきたといえる。戻り場面ではTレートが下向きならTレートや20日線がレジスタンスとなりやすい。また、本格的に戻り基調となる場合は、Tレートが横向きから上向きになり、ロウソク足がTレートと20日線を上抜けすると戻り基調となる。その上でTレートが20日線を上抜けするゴールデンクロスすると買い目線に変る。

カテゴリー: ホットニュース

カテゴリー

カレンダー

7月 2020
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ページの先頭へ