FITS エコノミックレポート

ユーロ/円は200日SMAに押し戻される!

 

★ユーロ/円の日足では、200日SMA(紫線)130.16円がレジスタンスとなり、上値が急速に重くなってきている。ロウソク足も200日SMAから上ヒゲとなり、上値の重さが意識されている。

ただ、下値では5日SMA(赤線)129.52円75日SMA(緑線)129.41円25日SMA(青線)129.05円10日SMA(黄線)128.89円がサポートとして意識されやすい。

ストキャスティクス・スロー(パラメータ:14、5、3、20、80)は、%K:81.23、%D:76.42とやや過熱感は出てきているものの、両線とも上向きとなっていることから、上昇基調は継続している。

ユーロ/円は一度とトレンドが発生すると、継続性がある通貨なので売り方は確りサポートラインを下抜けするまでは注意が必要となる。一方で、買い方は上昇トレンドが崩れたわけではないので、200日SMAを上抜けするようなら上乗せの戦略も考えられる。

現在はトレンドが反転するのか、一時の調整で終わるのかを見極める地合いとなっている。

カテゴリー: ホットニュース

カテゴリー

カレンダー

11月 2018
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ページの先頭へ